Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

Yukiyanagiな日々

数字崇拝主義の末路【先の放火事件のツイートについて】

※今回書く内容は、現在賛否が分かれており、断定できません。人によっては不快感を抱くかもしれません。ご了承ください。以前から度々「SNSにおけるいいね数だのリツイート数だのフォロワー数だの、数字だけで物事を判断するのは脳死も同然じゃないか」と書いてきました。「数字が多いもの=イケてる」と安直に判断しすぎる世の風潮に怒りを覚えて書いてきたわけですが、動画やイラスト、ファッションといった作品だけでなく、ニュ...

「オリジナルでありたい」という強いこだわりと悩み…

「博物ふぇすてぃばる!」開催まで1週間を切りました。商品のラインナップは昨年と全く同じですが、まだまだ私のこと知らない人多いと思うし、今年はブースがCフロアで昨年のFフロアと比べてかなり手前になるので、見に来てくれるお客さんも去年より多くなるのではないかと期待しています!また学生時代の創作サークルの先輩も遊びに来てくれるそうです☆(女性だけどw)……で、自分、販売する云々は抜きにしても新作作ってますか?...

SNSの「いいね」にどれだけ価値があるのか

まだニュージーランド旅行記終わっていませんけど、ちょっと黙っていられないことがあるので先に書かせてください。去年10月、SNSの評価を気にしていたら自分を見失うからやめようという趣旨の記事を書きました。その後もぼちぼち作品をアップしたり、アップした直後ぐらいはやっぱりどうしても評価が気になっちゃう、なんてこともあったりしました。しかし、自分への周囲の反応や、SNSに関するドキュメンタリーを見たりしたら、ま...

「好きなことを仕事にするのが一番幸せ」←私にとっては違うと思う

私は昔から絵を描くことが大好きです。そして、絵がもっと上手くなるように本を買ったり、クロッキーをしたりするし、自分の作品をネットに載せたりイベントに出展して販売したりしています。しかし、私は絵を描くことを仕事にしたいとはまったく思いません。子どもの時から同級生や知り合いに絵を見せると、褒めてくれると同時に大抵「将来漫画家とかイラストレーターになるの?」と聞かれました。また、父親は私に好きなことを仕...

空気と人の目を気にしすぎた私の人生

前回の記事でもう今年最後だと思った? いえいえ、まだまだ12月半分以上あるんで書きたいことありますよ。今年はさまざまな出会いがあったと同時に、自分自身について見つめる機会が例年よりも多かった気がします。そんな中ひとつ全体的に共通して思ったのが「何事も人の目を気にして選択していなかったか」ということ。先日、自己満足がダメだと言われて腹が立った話を書きましたが、あれも気にしなければそれだけのことです。ま...

迷走しまくってました/本気で人生に向き合う

えーっと……。今月と先月でえらいブログの更新が激しく、またついさっきまであった記事がなくなってるとか随分前の記事が日付新しくなって先頭に出てるとか不可解な現象が多発してたかと思います。すいません、いろいろ迷走してました。激しく憤ったり、ヤバいイケメンに真っ赤になったり、創作ネタが思いつかないからとりあえずブログに逃げたり……。ところで、自分、まあまあどう頑張ったって無名じゃないですか。知名度上げたいと...