Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

Yukiyanagiな日々

ファンタジーにおいて魅力的だと感じる要素

子どもの頃から気がつけば創作活動をしていて、その内容は概ねファンタジーだったりするんだけども、実は世間のファンタジー作品というのはあまり読んだことがないんですよ。大体中世ヨーロッパの騎士とかドラゴンとか出てくる金属臭漂う世界だったり、あるいは学園が舞台の魔法戦士だったりするんじゃないの~?というイメージしかなく、読書のスピードが遅かったり怖がりだったり自分の激しい好みが邪魔して読みづらいというのが...

私はミーハーか/ブーム再来

私のことを6年前から知っている人ならご存知だと思うんですが、「アサシン クリード」っていうゲームのシリーズが大好きなんですよ。初めのころは好きすぎて創作ネタに著作権的に危ないレベルまで持ち込んだりその辺のことを書き連ねたりしてました。(私の過去の投稿を見ていただければ痛いぐらいに載ってます)何が良いって、やっぱりあの衣装やアクションですよ。フード被って屋根の上を駆けずり回ったり壁よじ登ったり、手首か...

最近見た心に残っている映画

なんか私がよその作品について語るときってたいがい良くない評価ばかりなんですよね(;´・ω・) 良い作品の場合、よほど強烈でもない限りブログで長々と活字で語ろうとは思いません。良くないと思った作品の場合、それに対する猛烈なフラストレーションが溜まるからこうやって書き連ねたくなっちゃうんです(;'∀')そんな私ですが、年末に家族が借りてきたBlu-rayで見た映画の中で、こりゃすごいわと思った作品が2つありますので、今回...

どっちのバルサさんが好きですか?

3月中旬からNHKで大河ファンタジー「精霊の守り人」の放送がスタートし、先週でシーズン1は終わりましたが、このブログでも触れておりますように私はこの作品は2007年のアニメ版を見て知っています。なので大体ストーリーはわかってるし、バルサ姉さん(以下、「姉さん」と表記)のイメージは、基本アニメのほうなんですよね(笑)ドラマ版はだいぶ内容を短縮しているようですが、アニメとは違い汚っこい表現はリアルだし、アニメ...