Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

サイトを移転いたしました!

こんにちは!FUKUです!

本日、創作関連サイト「Yukiyanagi」をリニューアル&移転いたしました。

今までfc2の無料版のサーバーを利用していましたが、デザイン上「Powered by FC2.com」と出られるとかっこ悪くなるとか、タブレットやスマホで見たときにウザかったりゲスかったりする広告が出るのが嫌だとかいう問題があったため、「ナウでヤングなレンタルサーバー」で有名なロリポップレンタルサーバーを使うことにしました。(ご存知のとおり有料です)

ドメインが20種類あり、自分のお好みで選べるということで、サイトURLが非常にシンプルで覚えやすい http://yukiyanagi.oops.jp/ 「ユキヤナギ.ウップス.JP」になりました。

まだパソコン用デザインしかできておらず、スマホ対応のレスポンシブデザインは作っていません。否、まだ内容としても不足している部分があるので、それが出来次第レスポンシブのほうもやっていきたいと思います。

昨日までサーバーに載っていたデザインはこうです。
top_middleold.jpg

新しいデザインではこうなりました!
top_newest.jpg

だいぶすっきりしたと思いません?「普通になった」と思う方もいるでしょうが、色合いも統一し、余計な画像は極力なくし、「シンプルモダン」をコンセプトに作り変えました。


(個人的に思うこと)
最近一つ気になることがあるのですが、デザインって、見る人のほとんどが素人だと思うんですよね。だからプロが「素晴らしい!!」って絶賛するものじゃなくても、そのサイトを見て興味を持つ人が増えれば、それで良いような気もするんですよ。
これはこのサイトのことではなく、私が母の運営する英語教室のサイトをリニューアルした事についてです。以前は父が作った非常に地味で原始的なつくりだったのですが、私はCSSやjQueryを多用して教室のおしゃれで楽しそうな雰囲気を全面的にアピールする内容に変えました。するとそのサイトを見て入学や体験授業を申し込む人が次々と現れるようになりました。(また母曰く「お宅のサイトを作り変えますよ」という勧誘の電話も来なくなったそうです(笑))
それにプロになれば「私はこうやりたい」っていう要求が通りませんからね。客のどんな内容にも応えられる、それがどの業界でもそうですが「プロ」っていうのですよね。以前働いていたデザイン会社では、ほとんどおもちゃ屋やバイクメーカーのサイトをいじってたんですが、ああいう関係の最適なデザイン案とか、考えられる自信ないです。興味がないですから。興味がないと、いいアイディアが出るとは思えませんし。
私が作った英語教室のサイトは、社長からは「まあ、田舎の英語教室としてはいいほうじゃない?」といわれました。早い話がそんなにすごいわけでもないということです。

もちろん、プロはその業界について熟知し、勉強と実践がアマチュアの比じゃないですから、センスが洗練されているのは事実だし、運営や管理、メンテナンスに関してはその心得が全然違うと思います。でも、客や大概の閲覧者は素人だし、プロが作ったって納得しない場合だってあります。むしろ場合によってはそのサイトに書き込む内容について熟知している人が作ったほうが良い場合だってあると思います。

結局何が言いたいのかというと、「プロはたいしたことない」と言いたいのではなくて、「『プロじゃないのが作ったものなんて…』って思う必要はない」と言いたいんです。勉強なんてしようと思えばいくらでもできるし、センスを磨きたいと思えば検索するなり本を読むなりすればいいんです。私の場合、むしろプロになろうとして自分の技量の足らなさに失望し、常に劣等感を抱いて泣きながら勉強するよりも、やっぱりデザインは趣味とかご近所さんの手助けで楽しみたいって思って勉強するほうがずっと楽しいし、身につきます。例のデザイン会社にいたときは帰宅してからHTMLとかCSSいじるの猛烈に嫌でしたから。


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

0 Comments

Add your comment