Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

ちょっと気になること【女子力?何それ?】

woman_blogimage.jpg

普段このブログにはあまり世の中のことを書いたりしないのですが、ひとつだけ気になっていて溜まりかけていることがありますので軽く書かせてください。

みなさん、よく巷で「女子力」って言葉聞きますよね。
pixivなどで見かける「女子力(物理)」は話が違うとして(笑)、一般的に女子力というと「かわいい、家事が出来る、男にもてやすい」という意味ですよね。
でもこれ、すごく昭和臭い感じがすると思いません?「男に受け入れられてなんぼ」って感じで、女性が一人の人間として強くたくましく生きていく要素がこの「女子力」という言葉には欠けていると思うんですよ。

国際情勢に強い関心のある母から再三聞いた通りだなと思うのは、日本では女性に対する偏見が相変わらず強いし、女性自身も気づいていないケースが多いということ。(TVやネットで見てみると)
その偏見というのが「女子力」という言葉にある通りの内容です。
他にも「人を疑うことを知らない人は純粋な人として愛される」とか「ドジっ子は男性が守ってあげたくなるタイプなので好かれる」とか「個性の強いタイプは敬遠される」とか、容姿に関しても「カワイイ系」とか「アヒル口」とかがもてると言うし、この国はロリコン派が多いんだなぁと思うこと多し。

マンガを見てもそう。マンガオタクが好きなのは胸ばっかり大きくて幼稚園児か小学生みたいな顔したデカ目の少女でしょう? 少女マンガだって、まるで男にモテることこそ女の幸せだと言わんばかりに恋愛ネタばっかりだし、「壁ドン」や「顎クイ」など、男子が偉そうに女子に振舞う態度とか、見ていてイライラします。

一方欧米圏はどうでしょう? セクシーではあるけど大人びているし、結構キツいし、男性と肩を並べて戦ったり問題解決したりしているでしょう。映画やドラマの演出もさることながら現実面でも、会社や組織の上部にいる幹部、科学者としての女性の割合が日本より多いと思うんですよね。

欧米圏の男性は「成熟して自立した女性」を好みます。幼稚な女性は対等な関係が築けないとして相手にしません。日本人男性の好む女性像については「可愛くて守ってあげたくなるタイプ」が多いですよね。それは日本に残っている昭和型の家庭感覚が相変わらず根強いということと、男性に自信がないというのがあるんじゃないでしょうか。(勿論対等な関係を築きたいという人もいると思うしそう信じたいですが、この国の一般論としては薄い気がしています)
しかしクールジャパンの進出で日本のマンガやアニメが海外で多く親しまれるようになって、日本の「幼稚な女性」像が素晴らしいと感化されてしまっている欧米人もそこそこいるようで、ちょっとこの先が危ぶまれるんですけど…。

あと、これは記事を書く際自分で調べてみたことなんですが、2014年に世界経済フォーラムが発表した日本のジェンダーギャップ(男女平等)指数は142か国中104位なんだとか。世界第3位の経済大国なのに、いかに意識が低いかよくわかるでしょう。さらに母から聞くには、日本はあまりにも男女平等が進んでいないために国連から勧告を受けているのだとか。
参考リンク→http://wotopi.jp/archives/23278
この記事の【後編】に特に共感しました。皆さんも是非目を通してみてください。


だから私も創作においてカワイイ系の女子を描くのはやめました。海外を舞台にした作品を多く扱っているのもあるため、なるべくモデルは強くて凛々しい女性を選ぶようにしています。物語の中でも組織の重要な位置や役職に女性を盛り込むようにしています。



0 Comments

Add your comment