Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

あんたたち、ちったぁ笑いなさいよ

私の作品をいくつかご覧になった方は気付いているかもしれませんが、私の作品に登場する人たちって、あまり笑ってないんですよ。
いつもどっか睨んでるとか、悲しんでるとか、そういうシリアスな表情したものばかりなんですね。
もちろん内容がそういったものだからどうしても笑顔が減る、というのもあるんですが、もともと作者の私自身が笑顔を描くのが苦手だったりするんですよ(汗)。

シリアスなテーマの作品をイラストだけでも表現するようになったのは小学6年生ごろからなんですが、中学生のときに絵を見せた同級生に「笑った顔はないの?」と聞かれ、それを受けて無理やり口角を上げた絵を描いたことがありました。それぐらい、笑顔を描くことには昔から抵抗があったんです。

理由は自分なりに考えてみました。
• その人物がお人よしで軽そうに見えるから。(気に入った人物ほどその傾向から離れている)
• そもそも作者自身照れくさい。
• 以上によりキャラ崩壊の心配。

でもそれじゃあ表現の幅が狭まるだろうし、第一どんなむっつりした人でも笑わずに育ったことはなかろうと思い、思い切ってオリキャラを満面の笑みにしてみました。


このブログが初見で、私がよく描いているキャラクターたちについてご存じない方は、下記リンクを参考にしてみてください。(新規タブで開きます)
» 2015年10月記事
» 2015年11月記事


以下、作者の独断と偏見で紹介しやすい順に載せています。意外にも描いていて気付いたのは、むっつりした顔だけ描いていては気付かなかった、オリキャラたちの性格が見えてたことです。あと、彼らがより人間的に表現できたと感じました。

※画像はクリックして拡大できます。

①シライリ(Chilaili)さん

兄貴のように優しくておおらかな人なのでよく笑います。わんこ顔なので笑顔がよく映えますよね。


②ウィヤキン(Wiyakin)さん


基本警戒心が強くてビビりなのでそもそも会うことすら容易ではありません。
でも慣れてくれれば子どものように素直に振舞ってくれます。この表情は少年の笑顔を参考に描いてみました。


③ユリィ(Yuli)さん


群れない性格なのであまり笑わないかと思いきや実はよく笑うんです。
オリキャラの中では笑いの沸点はかなり低め。気が緩んでいれば爆笑することだって珍しくありません。


④ティー(Thila)さん


生真面目で堅物なので基本ジョークとか言ってもあまり笑ってくれる人ではありません。
でもたまに何かにツボったときに声を殺して笑います。私も描いていて下手したらキャラ崩壊するんじゃないかってぐらい慣れませんでした。


今回これを描いたことを機に私の中できつく締まってたネジ数本が外れた気がします。少し前までの絵が急にカタく見えてきました。何事も勇気出してやってみればできるものなんですね(笑)

あれ、あと2人いるんじゃないのと思われたかもしれませんが、ちょっと気合が萎えたので今回は此処まで。
また気が向いたら追加してご紹介しますね。



0 Comments

Add your comment