Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

マンガ版の続き

ad2016_pre2.jpg
昨日ご紹介したマンガの「後半」を今日アップしました。
前半、及び登場人物についてご存じない方は前回の記事をご覧ください。

昨日も書きましたが、手書きでペン入れも無い、ホントに生画力のままでのアップなので、読みづらいと思います。

それでもかまわない方はどうぞ↓
(※スマホやタブレットで見る環境も考慮して、画像を拡大したい場合は拡大リンクをクリックするようにしてあります)


【マンガに入るまでの省略したストーリー】
藁山の中に置き去りにされていた絵理奈は、戻ってきたフードの男からローブを渡され、それを着て出てくるよう促される。周囲と明らかに浮く服装をローブで隠し、そのまま男に連れて行かれたが、馬に乗せられたところで疲れが出たのか気を失う。

ad2016_21.jpg
ページ拡大

ad2016_22.jpg
ページ拡大

ad2016_23.jpg
ページ拡大

ad2016_24.jpg
ページ拡大

ad2016_25.jpg
ページ拡大

ad2016_26.jpg
ページ拡大

ad2016_27.jpg
ページ拡大

ad2016_28.jpg
ページ拡大

ad2016_29.jpg
ページ拡大

ad2016_30.jpg
ページ拡大

ad2016_31.jpg
ページ拡大

ad2016_32.jpg
ページ拡大

ad2016_33.jpg
ページ拡大

ad2016_34.jpg
ページ拡大

ad2016_35.jpg
ページ拡大

ad2016_36.jpg
ページ拡大

ad2016_37.jpg
ページ拡大

ad2016_38.jpg
ページ拡大

現時点で出来上がっているのは此処までです。合計で38ページになりました。
でも、これで終わんないんですよ。まだまだつづきがあるんです。
マンガ版は本来の小説での作品とは内容が少し異なるので、物語全てをマンガにすることはないんですが、作者の私が気が済むところまで頑張って描いていこうと思います。

前回のもそうなんですが、なんで青ペンも混じってるのかというと、基本的に私は絵を描くときにおいてまず色鉛筆で下書きをし、そこへシャーペンで輪郭をはっきりさせ、ペン入れするというやり方を取っています。そうなるとそこへやれスクリーントーンだのべた塗りだのはできなくなるので、今の私の絵の描き方では最終的にデジタルにしないときれいにならないやり方になってしまっています。

いやぁ、でも此処まで続けられるとは正直思ってませんでしたよ。せいぜい2~3週間で飽きるかなと思ってたんですが、まさか1ヶ月も頑張って描けるなんてね。GWもほとんどこれ描いてましたもん(笑)

ちなみに5年前はここまで描けてませんでした。フードの男の暗殺シーンとか簡単なネーム描いといただけだったし、女子大生とフードの男が牢獄内で話すシーンとか、女子大生が名乗る手前でマンガ終わってました。要するに肝心なコンテンツに入る手前でやめてしまってたんですよね。(力尽きたのか、照れや自信のなさなのか、うん多分両方!)
またマンガ描けましたらアップします。但しだいたいこんな感じのままなので読みづらいことは覚悟しておいてください…。

でもやっぱり後日見返すとね、何なんだろうねこのやっちまった感。やっぱりちょっと今の私ならやらないこのキャラクター構成とか、つたねぇのに堂々と大画面で載せちゃったこととか、若干の後悔がなくもない…。でもね、せっかく1ヶ月かけて作ったもの出さずにいるのは勿体無いとか、なんか悔しいとか、思っちゃったからアップしたまでです(>_<)

0 Comments

Add your comment