Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

ブログテンプレ変えました/旅先が変わりました

私のブログを何度かご覧になっている方は気づいているかもしれませんが、つい先日ブログテンプレートを変えました。
理由は単純です。自分のサイトを全面更新してから今までのテンプレートがこじんまりしている気がしたからです。
最新の私のサイトが幅1200pxになったのに対して、今までのテンプレートは1000pxでした。
今まで使っていたテンプレートのオリジナルは最新アップデートで横幅が大きくなっていましたが、また自分用にCSSやHTMLを変更し直すのは面倒なので気分転換も兼ねて新しいテンプレートを使うことにしました。


さて、2月ごろこのブログで今年の夏休みに海外旅行でイギリスへ行くとお伝えしましたが、カナダに変更になりました!
理由は、当初訪問予定だったスコットランドでは毎年8月にエディンバラでお祭りをやるらしく、人の多さやテロなどへの警備の厳しさを懸念したためです。そのため、2年後に行く予定だったカナダへ先に行くことになりました。
(イギリスは2年後のGWに行く予定です。)

訪問予定地はトロントとケベックです。

トロントはカナダ最大の都市で、いろいろ回りたい場所が此処に集中しています。ナイアガラの滝は此処から近いし、先住民族、オジブワ族の民芸品店もこの近くにあるんです。そのお店がこちら→Whetung Ojibwa Centre

初の海外旅行でえらい通な場所へ行くことになりますよね。ツアーじゃ絶対行ってくれません。お店の周囲は湖に囲まれ、カナダらしい針葉樹の森が見られます。でも、やっぱり自然が豊かな場所は蚊やブヨに注意せよとのこと。
(ブヨってどんな虫なのかわからず怖いので、備忘録としてこのリンクを貼っておきます^_^; →ブヨに刺された跡の処置!

オジブワ族といえばドリームキャッチャーが有名ですね。よく車のフロントガラスから吊るしてあるのを見ますが、これはもともと子どもの寝床の上に吊るすものらしいです。悪い夢が網に引っかかり、良い夢だけが羽根を伝って降りてくる、とのこと。
私は少し前に、現地で仕入れたものを販売しているネット通販でこのオジブワ族の本物のドリームキャッチャーを購入しました。
dreamcatcher_article.jpg

3年前に今思えばイミテーションのドリームキャッチャーも買っていましたが、やっぱり違いますよね。





ケベックは北米唯一の城塞都市で、カナダで唯一フランス語が公用語の地域です。フランス語全く喋れないんだけどホテルとか駅とかでは英語でも通じるのではないかとのこと。(英語も母の英語力が頼りなんだが…)TVで街の様子を見ましたが、とってもおしゃれでステキな場所です。


予定ではトロント周辺で2日間、ケベックで2日間過ごします。あまりみっちり計画は立てず、訪れる場所は多くても1日2箇所程度にしています。だって詰め込みすぎると気忙しないし、あっちもこっちも行くとかえって旅の記憶は薄くなるそうです。



【追記】
イギリスといえば、先日EU離脱しちゃいましたよね。これを知ったのはこの記事を更新した前後ぐらいだったのですが、あれからまもなくイギリス全体が後悔しているようです。というのも、「どうせ離脱しないっしょ」みたいな気持ちで怒りの意思表示として投票してしまった人が多かったらしく、投票日の翌日に最も検索されたキーワードが「離脱後の影響」、その次に「EUって何」だったそうです。どんだけみんな感情で投票してたのよって思いますね。
まあこれを機に、他のヨーロッパ諸国のEU離脱を叫ぶ人たちがちょっとビビってるらしいので、イギリスの件を「見せしめ」に離脱の動きがおさまってくれればいいなと思いますが…。

ちなみに、ドイツでは戦後国民投票というのをやっていないそうです。それは戦時中あのヒトラーの件があったから。独裁者ヒトラーが誕生したのも、憲法を変えちゃったのも、全部国民投票によるものだったのだそうです。だからとかく感情やポピュリズムに陥りやすい国民投票は、国の決定事項には取り入れないようになったんだそうです。

0 Comments

Add your comment