Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

某少女マンガの代替案を考えてみた

子どもの頃、特に小学生くらいのときに見ていたマンガやアニメの記憶って、それ以後に見たものよりも深く心に残ると思うんです。私もいろいろ好きになったアニメはたくさんありましたし、そのとき抱いた憧れというのは今でも鮮明に覚えています。

それで、あるアニメが小学生だった頃の私を大いに魅了し、中学2年になるまで創作のモチーフにさえなってたんですが、今見るともうちょっと何とかならなかったかなぁと思うような作品があります。

「東京ミュウミュウ」です。ご存知の方も多いのでは? (ピクシブ百科事典

この作品は、魔法少女戦隊ものに環境問題を絡ませたもので、現実問題とアニメがリンクした内容は当時の私にはとてもチャーミングでした。ついでにSF的要素とか東京の都会的雰囲気にさえ憧れを抱いたことをよく覚えています。
でもね、月日が経って趣味も変わったり見方が変わったりすると、それほどのものだっただろうかと「?」ってなります。むしろ普通の魔法少女ものだったらそういうもんだと割り切れただろうけど、中途半端に現実問題を絡ませるとかえって粗が見えまくってきます。

たとえば一番あかんなと思ったことは、環境問題をエイリアンに責任転嫁しちゃったこと。エイリアンたちは地球が彼らの本来の故郷だったらしいけど、それならなぜさらに環境を汚染するようなことをするんでしょうか。他の星から地球に戻れるくらい高度な科学技術を持つ彼らが、それをわからないはずはないでしょう。
レッドデータアニマルの遺伝子がエイリアンを死滅させられるというのはどういう理屈なんでしょうか。そしてそれが間違って撃ち込まれた少女たちが、エイリアンと戦う能力を身につけられるというのもどういう仕組みなんでしょうかね。
それからちょっとコスチュームがいかん。ぶっちゃけあれは破廉恥だと思う。他の魔法少女ものと比べても露出度が高い。二次元で見ればあまり気にならないかもしれないけど、三次元化するとあれは恥ずかしすぎる。
さらに言うと、様々なところで「カードキャプターさくら」を真似たんじゃないかと思うところがあります。主人公や仲間のコスチュームは、さくらがタイムのカードを捕獲するときに着ていた妖精風の服にそっくりですよ。ラスボスが恋人だったというのも審判者・ユエがさくらの好きな人、雪兎さんだったというのをパクってるとしか思えません。声優も同じ人とか、確信犯ですよね!(「さくら」は1999年~2001年まで放送され、「ミュウミュウ」は2002年~2003年に放送されてたので、時系列的に考えて可能性は高いです。)


だからこうすればよかったんじゃないの?みたいな代替案を作ってみました(笑)

当初は軽い気分転換程度に考えてたんですが、凝り性な自分なので、時間をかけないつもりでいるものほど集約的にコンテンツを考えてしまおうという衝動に駆られます。なのでほんの休日の軽い落書きとネタのつもりが、えらい手の込んだネタになってしまいました(汗)
少女マンガを長らく読んでいない私なのでもうその辺度外視した内容ですし、やっぱりそれでも苦し紛れなところやこじつけがないわけでもありません。


ブログのサムネの都合も考えて、あらかじめシルエットでどんな感じかお見せいたします。この時点で武器が全く違うということがわかりますね。
代替案のイメージ概要


いやね、なんで14年も前のアニメのことをあーだーこーだ言うのかというと、私の作品を知ってる方はある程度想像付くかもしれませんが、内容が近いんですよ。それに先ほども述べましたように中2になるまで創作のモチーフになってたんです。だから特別な感覚があるというか、普通に過去の女児向けの作品として捉えられないところがあるんです。だからちょっとこんな風に熱くなってしまいました(^^;)
「カードキャプターさくら」も大好きで創作のモチーフにはなってたんですが、あれは大人になってから見ても斬新で面白く、よく出来た作品だと思うので素直に昔の感覚に浸れます。だから特に議論したいようなことはありません♪



以下が代替案↓

【コンセプトの変更事項】
①敵の存在
(オリジナル)エイリアン →(代替案)環境方面での国際テロ組織
実際の話、不当な森林伐採、密猟などは途上国の貧しい人々が生活の糧のためにやらざるを得ない場合が多い。そして密猟の取引はISなどのテロ組織の活動資金になることも少なくない。野生動物を乱獲し、絶滅に追いやればその牙や角は価値が上がりさらに高値で売れるらしい。代替案では貧しい人々に付け込み、環境破壊を進行させ大金を稼いでいる国際的なテロ組織を最大の敵としてみる。(備忘録にリンク貼っておきます。)


②敵と戦う勢力について
(オリジナル)謎の二人組みの男性が単独で敵と対抗し、少女たちはそのお手伝い
→(代替案)二人の男性は実はその国際テロ組織と戦う有志連合のメンバー。少女たちの戦闘は前衛的で実験的であり、支援や研究は極秘で行われている。(10代の少女たちがほぼ身一つで戦うようなものなので、人道的にも問題部分は多い)支援は環境保護基金からも受けている。


③敵からの攻撃と、反撃方法について
(オリジナル)キメラアニマなるモンスターが出現。少女たちが光弾で倒す。
→(代替案)敵の勢力には優れた科学者たちもいる。彼らによって生み出された違法な遺伝子組み換え生物たちを「世界を浄化する新時代の聖なる生物」として放ち大暴れさせている。また、敵のアジトや支配地域にも番犬として巡回させている。凶暴で知能が高く、特殊な力も秘めているので通常の軍隊では倒せない。唯一対抗できるのがあの5人の少女たちである。少女たちの武器は普通に殺傷能力のある武器だが、生物兵器たちを倒すときにのみ発揮する力も秘めている。決め台詞はなく一見普通の攻撃方法。


④絶滅危惧種の動物との合体、服装について
(オリジナル)もともとエイリアンを倒すためにレッドデータアニマルの遺伝子を打ち込もうとしたところ、まちがって少女たちに打ち込まれ、遺伝子が合体した。変身するとなぜか破廉恥な格好になるらしい。
→(代替案)もともと自然界に存在する、種を超えて内面的・肉体的に繋がることのできる動物、「スピリチュアルアニマルズ」のパワーが絶滅の危機を迎えたことで強くなり、少女たちとシンクロした。純粋で多感な10代はもっとも感化されやすい時期にある。スピリチュアルアニマルズの存在は自然崇拝の文化圏では古来より親しまれていたとしている。シンクロした少女たちは変身すると絶滅危惧種の生物が生息している地域に因んだ民族衣装になる。「変身」とはすなわちシンクロした状態であり、合体したような姿なのはそのため。普段は少女たちも各スピリチュアルアニマルズも別々で行動しているが、危機が迫ったときにシンクロする。このため動物たちはハンターや病気によって命を落とした場合シンクロは不可となる。よって少女たちは必然的に環境問題に目を向けざるを得なくなる。


各少女たちの服装や外見はこんな感じ


①コードネーム:イチゴ
シンクロしたスピリチュアルアニマル:イリオモテヤマネコ


  

西表島は日本の島とはいえ、台湾のすぐ隣なのでこの民族衣装にしました。頭の上のふさふさは本来はもっと大きいのですが、動きやすさを考えて小さくしました。意外にも「イチゴ」らしく赤ベースのカラーリングになりました。ヤマネコとシンクロしたということで出し入れ可能なクローで戦う設定にしました。




②コードネーム:ミント
シンクロしたスピリチュアルアニマル:ノドジロルリインコ


  

ノドジロルリインコが生息するポリネシア周辺の衣装っぽくしてみました。こちらも髪や翼がオリジナルに比較的近い色になっていますが、オリジナルはどちらかというと普通の青だったんですよね。




③コードネーム:レタス
シンクロしたスピリチュアルアニマル:スナメリ


  

名前にちなんだカラーリングはあまりありません。スナメリはグレーの体色なので髪もグレーです。中国や東南アジアに生息するので、インドネシアの民族衣装、クバヤにしてみました。全体的にエレガントな雰囲気なので華麗にナイフを投げるイメージが浮かびました。海に潜ると足が尾ひれになるという設定はオリジナルと同じです。




④コードネーム:プリン
シンクロしたスピリチュアルアニマル:ゴールデンライオンタマリン


  

アマゾン南部に生息するゴールデンライオンタマリンなので、アマゾンの先住民風の衣装にしてみました。オリジナルではしっぽの先が丸くなっていますが、実際はまっすぐ伸びています。頬の横から髭のように伸びる長い毛とたてがみのようにふさふさ立っている髪の毛で、ライオンタマリンらしさを際立たせてみました。




⑤コードネーム:ザクロ
シンクロしたスピリチュアルアニマル:シンリンオオカミ(ハイイロオオカミ)


     

オリジナルでは「ハイイロオオカミ」と表記しているので実際のところユーラシアから北米に生息するすべてのオオカミを含んでいると思いますが、オオカミの保護について特に議論の熱そうな北米に生息するオオカミを題材にしました。オオカミを教師・導く者として敬うアメリカ先住民をスピリチュアルアニマルのアイデンティティとし、変身すると先住民族の衣装になる、という設定にしました。「ザクロ」から連想される紫色は一切なくなりました。武器は腰から下げているトマホークです。



(オリジナル)可愛すぎるカフェ でウェイトレス→ (代替案)考古学博物館で研究の補助、受付など
15歳以下の児童労働は法律で禁止されてるよね?だから中学生までのメンバーにはボランティアとしている。金銭的な得はないものの、「内申点や受験で有利になる」として納得させていることにする。


ついでですが、何も少女に限定することは無いんじゃないかと思って、案だけですが少年バージョンも考えてみました。最年少は11歳で最年長は19歳まで。シンクロするスピリチュアルアニマルズはアフリカゾウ、イヌワシ、ユキヒョウ、ジャイアントパンダ、アラビアオオカミ(ハイイロオオカミ)です。女子チームとは別行動なので基本的に会うことはありませんが、あの男性二人組みによってどちらも管理されているとします。

オープニングもオリジナルは似合わない気がするので、いっそのことTaylor Swiftさんの「Wildest Dreams」とかどうですか?


0 Comments

Add your comment