Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

夏のカナダ旅日記 ―旅立ち編

お久しぶりです。先日25日に帰国しましたが、いろいろバタバタしておりましてブログを更新するのが遅くなってしまいました。


現地で大量に写真を撮影しコンテンツも盛りだくさんになりましたので、トロント編とケベック編をそれぞれ2回ずつ紹介し、最後に現地で仕入れたディープなお土産について詳しくお伝えするという、全5回でお送りしたいと思います♪

……と思いましたが、私にとって海外旅行は人生初でして、飛行機に乗ることも初めてだったので、今回の記事では現地に到着するまでの話をさせていただき、次回からトロントの旅の話をします。よって全6回になります!


まず今回の旅行はどんなものだったのかざっくりご説明いたします。私は父と母とのたった3人で人生初の海外旅行を経験しました。飛行機やホテル、レンタカーなどの予約は全て父がしてくれまして、現地での英語のやり取りは9割がた母がやってくれたというものでした。旅先は観光名所めぐりが主でしたが、時々絶対ガイドブックに載ってないようなディープな場所を訪れることがありました。ツアーではないので旅先での手続きは私たちが全て自力でなさねばならずとても大変でした。私は両親の引っ付き虫のようにあとをついてることが多かったとは言え、異文化体験の嵐というかビンタでした。また私も少しですが現地の人と言葉を交わすことがあり、とても貴重な経験を積むことが出来ました。



では以下から詳細な内容に入っていきます。


初めての国際線搭乗




そもそも私としては空港に入ること自体人生初だったわけです。高校生のとき当時出来たばかりのセントレアに見学ツアーで訪れることはあったものの、飛行機に乗る目的で訪れることはこれが初めてでした。
私たちはJALやANAなどの日本の国際便は使わず、Air Canadaを利用しました。理由は安かったから♪でも受付は普通に日本語でした。




あれがAir Canadaの飛行機。JALよりもハイセンスだと思うのは私だけでしょうか。機体、白じゃなくて薄い水色なんです。(ちょっとぼけていますが間近で見るともっと綺麗です。カエデの葉が立体的に表現されていてすごくかっこいいのです)




そして初の搭乗。エコノミークラスはホントにエコノミーだった (>_<) 思った以上に狭くて身動きがなかなか取れませんでしたorz
これで12時間耐えたんです。そりゃ疲れますわな。
エコノミークラス症候群にならんよう、加圧ソックス履いて何度も足バタバタ動かしました(^_^;)


日本時間の夕方出発し、太平洋を渡っている間は真っ暗闇でした。そして北米大陸に近づいたところで日が昇ってきました。

と言っても、現地もまた夕方なんですがね。


日本人の搭乗員さんもいまして、機内放送も英語の後に日本語が流れたのでとても助かりました。


機内食もちょっと日本食を考慮したものがあったり、途中でカップラーメンが出たんですが普通に割り箸来ましたwww



カナダのマークに割り箸…。なんかちょっと不思議な組み合わせ…。


そして無事にトロント・ピアソン空港に到着。着陸時は酔ってしまい、空港を歩いている間もしばらく気分が悪かったです…。私三半規管が敏感なんでこういうの苦手なんですよね…。(だから当然ジェットコースターなんか無理です)


初めてナマ見した外国の景色




違いすぎた食文化


その後タクシーに乗ってホテルへ向かいしばらく休んだ後、近くのレストランで夕食を取りましたが日本のファミレスの感覚で頼むとえらいことになります。写真がないので文だけの説明になりますが、ボリュームが半端じゃないんです。
外国のレストランのメニューは日本みたいに食品サンプルはなく、写真がない場合も少なくないので想像と違った、ということが少なくありません。何も考えずにフィッシュ・アンド・チップスを頼んだら、タラのフライは日本版のおよそ5倍の大きさ、フライドポテトもマックのLサイズはあるんでねぇのって量でした(@_@;;)不味くはありませんでしたがフライの衣がやけに硬かったです。

(そのときの食事。父親が撮影したもの)


「そりゃ北米人コロコロしてるよ…」と即納得。結局食べきれなかったんですがご丁寧にお持ち帰りにしてくれました。勿論、その後食べてないです…(^^;;) もったいないけど仕方ない…。


ところで、翌日のネタをこれに合わせてちょっとだけ載せます。翌朝レンタカーを借りに行く道中セブンイレブンを発見しましたwww ですがやっぱりここはカナダ。日本の感覚で入ってはいけませんでした。

「とりあえずペット茶♥」と思っても、なんかカラフルな飲み物がズラリ。お茶はどこにもありません。


この青色の飲み物とか何味なんでしょう…(・・;)?

気軽に飲めそうな物と言えば水ぐらいでした。それ以外で気に入った飲み物と言えば、母がバナナとプロテインのシェイクのようなジュースを気に入りましたが、私にはちょっとくどい気がしました。勿論これは水分補給にはなりません。
「とりあえずおにぎり♥」という選択肢もありません。せめて食べやすそうなものとしてサンドウィッチを買いましたが、なんかパンがボソボソしててあまり美味しくありませんでした…。

食に関してはなんか文句の連続のように感じられるかもしれませんが、これも興味深い異文化体験だったと感じています。でもやっぱり3日で日本食が恋しくなり、持ってきていたインスタントの味噌汁を飲んだらとても幸せな気分になりました…w


次回は例のカナダ先住民の文化センターに訪れた話を書きます。


0 Comments

Add your comment