Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

春のイギリス旅日記―2日目①

だいぶ間が空いてしまいましたけれども、イギリス旅行の続きを語ってまいります。

2日目は前日以上にコンテンツが盛りだくさんでした! 午前中だけでも由緒ある名所旧跡だらけで、旅行当時ぼーっと見ていただけのところを、帰ってきてブログにまとめる際いろいろ復習せねばならなかったため、更新がすぐに出来ませんでした。(あと、その間にも絵を描いておりました…)

※今更なんですが、投稿までに少し時間が経っていることや、私の方にイギリスの観光名所に関する知識があまりないということもあり、各名所に関する説明がかなり少ないと思います。ご容赦ください。


2日目の朝は、ロンドン市内をバスで観光しました。


こちらがロンドン塔。(名前ぐらいしかわからないので、詳細はこちらのサイトで確認してみてください)

IMG_8049.jpg

blog_england (49)


反対側には古代ローマの城壁の一部が残されていました。

blog_england (48)

なんかこの辺に動物園があるそうな。

IMG_8056.jpg

blog_england (52)


そしてガイドさんに案内されてたどり着いた先にあったのが、ロンドン橋です!

blog_england (51)


ヨーロッパで一番高いと言われるビル、ザ・シャードもお目にかかれました。

blog_england (50)

青い空を反射して青く輝いております。名前通り破片のような鋭い形をしていますね。


ロンドン市内を歩いていると、時々こんなマークがあります。

blog_england (53)

「シティ・オブ・ロンドン」、ロンドンの中心部を意味する紋章で、この紋章がついていたらその先がロンドンの中心部になりますよということなんだとか。


バスでロンドン市内回るときも建物とか皆すごく素敵なんですけどね

blog_england (54)

blog_england (56)


なんかフツーに寿司屋がありました。寿司は世界中に広まってるようですけど、向こうの人のアレンジ版ってどうなんだか…。

blog_england (61)


そうこう見ているうちにバッキンガム宮殿前に到着いたしました。

歩いている間も木の花がたくさん咲いていました。

IMG_8080.jpg

IMG_8081.jpg
(※植物については自主的に調べているものでもない限り、よくわかりません)


だんだん宮殿が見えてきました。

IMG_8083.jpg

地面が赤色をしていますが、これは赤いカーペットを模したものなんだとか。このど真ん中を女王陛下の馬車が通るらしい?


写真を見てお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、とにかく馬糞がすごいんです。

IMG_8083.jpg
回収しきれないのか、日本ほど几帳面ではないのか、歩くときは常に馬糞を踏まないよう気をつけなければなりませんでした。


到着した先、すごい観光客です。

IMG_8088.jpg

この日は、衛兵の交代パレードが行われました。


※youtube投稿者の名前は私の本名じゃないです。

あの黒いふさふさの帽子はクマの毛で出来ているそうです。

ガイドさんから聞いたんですが、この衛兵さんたち、同盟国などで戦争があったら本当に戦場へ行って戦うんだそうです。
ただの観光客向けのパフォーマンスじゃない、衛兵さんたちのガチな姿を垣間見れた瞬間でした。

警備員の数もそうですが、門の前に車よけの3mくらいある黄色いポールが立っていたりとか、とにかくテロ対策がすごかったです。それでもこの間またテロ起きてしまいましたよね……。



その後またバスに戻り、お昼頃、ウェストミンスター橋の前に着きました。
いかにも「ザ・UK」って感じの風景です。

IMG_8112.jpg

ここも3月にテロがあった場所。世界的にあまりにも有名な橋なので連日観光客でごった返しています。そこへテロリストが車で突っ込んだとのことだから大惨事です。写真には写っていませんが、橋にはまだ少し花が手向けられていました。

IMG_8115.jpg

↑以前、旅行に行く前に書いた記事に載せていた画像と全く同じアングル。写真左側、修復中で白い布に覆われているのがリアル感あるんですけどもwww

(過去の記事に使った画像)
uk_pre_0417-1.jpg


お昼は、この橋の前にある建物の中の図書室で、アフタヌーンティーを頂きました。

IMG_8117.jpg

本場のお茶は、とってもあっさりしていて飲みやすく、おいしかったです。3杯もおかわりしちゃいました(笑)

IMG_8119.jpg

アフタヌーンティーの決まりでは、ティースタンドの下から順に食べていきます。一番下がサンドウィッチやキッシュ、真ん中がスコーン、一番上がケーキやマカロンなどのデザートとなっています。

繰り返しになりますが、イギリスの飯は不味いで有名ですけれど、すごくおいしかったです。デザート類はちょっと甘すぎるのもありましたが、それ以外は味付けも丁度良く、歯ざわりや風味も良くて上品な味わいでした。


次回は、大英博物館に訪れた話をしていきます!

2 Comments

NAHKI  

懐かしいです!

もろ私のツアーと同じような場所を巡られたのですね。
かなり懐かしいので、写真を見入っていましました。
衛兵の帽子は熊の毛とは知りませんでした!!
勉強になります。
イギリスから帰ってきた後に、当時、銀座三越でイギリス式アフタヌーンティーのお店があったので行ったことがあります。
女性はこういうの魅力的ですよね。
オッサンの私には貴族になった気持ちになりましたwww
次回、大英博物館編楽しみにしています!!

2017/05/27 (Sat) 21:48 | EDIT | REPLY |   

FUKU  

To NAHKIさん

コメントありがとうございます。
更新が遅くなりまして申し訳ないです。
アフタヌーンティーは母も私も一度は経験してみたかったものでした。

またなるべく早く次回をアップしたいと思います!

2017/05/28 (Sun) 12:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment