Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

部族別エンブレムが完成いたしました!

タイトル画像

イギリス旅行記を認めている間ずっと制作しておりましたが、先週末にようやく完成しました。各部族の概要と、描かれている植物について説明いたします。


とその前に、タイトル絵にもあるCanadiaran First Nations(カナディアラ先住民)とは何ぞやと、軽くご説明いたします。
カナディアラ先住民とは、その名の通りカナディアラという亜寒帯湿潤気候の広大な地域で暮らす先住民族のことを指します。彼ら自身は自分たちのことをネネ・ピズ(この地の人々)と呼んでいます。ご覧の通り鳥獣のような身体的特徴を持ち、苛酷な自然環境に適応しています。後にカナディアラにやってきた入植者たち(先住民たちは「アナト・ピズ(向こうの人々)」と呼んでいる)からはその外見故に「半獣」と呼ばれ、非常に恐れられています。


①オオカミ族

wolf_tribe.png

【この部族の人種の特徴】
主に森林地帯に暮らし、嗅覚と聴覚が優れています。長距離走における持久力にも秀でています。遠吠えのような、何キロ先までも通る声を発することもできます。
【描かれている植物について】
セイヨウナナカマド (分布)ヨーロッパ中、北極圏にも (花言葉)慎重、賢明


②ヤマネコ族

lynx_tribe.png

【この部族の人種の特徴】
主に森林地帯に暮らし、フリーランニング(パルクール)のような跳躍、上下移動する運動に長けています。動体視力にも優れます。
【描かれている植物について】
セイヨウネズ (分布)アジア、ヨーロッパ、北アメリカ (花言葉)信頼、保護


③ワシ族

eagle_tribe.png

【この部族の人種の特徴】
空気の薄い山岳地帯に暮らし、低酸素環境に適応しています。猛禽並みの視力を持ち、足の指には平爪ではなく鉤爪が生え、不安定な崖に足を引っ掛けられるようになっています。足の裏の皮膚は硬く、鋭い岩の破片を踏んでも平気です。前腕に羽毛が生え、投槍の能力に長けています。ただ鳥類系とは言っても、空が飛べるわけではありません。
【描かれている植物について】
インディアンペイントブラシ (分布)北アメリカ西部、アンデス、北アジアの高山植物 (花言葉)※不明

④カラス族

raven_tribe.png

【この部族の人種の特徴】
持っている能力、体格はほぼワシ族と同じですが、羽毛が黒いのが特徴。また、開けた森の近くで比較的多く活動しています。同じく空が飛べるわけではありません。
【描かれている植物について】
ツルコケモモ (分布)北ヨーロッパ、北アジア、北アメリカ北部 (花言葉)心痛の慰め、天真爛漫

⑤シャチ族

orca_tribe.png

【この部族の人種の特徴】
大陸の暖かな沿岸部で主に暮らしています。水中(海水中)では足を尾ひれに変えることが出来ます。2分以上潜水することもあり、シャチそのものと変わらぬスピードで泳ぐことも可能です。
【描かれている植物について】
アメリカハイビャクシン (分布)北アメリカ、温帯北部の海岸地帯 (花言葉)不変、真っ直ぐに生きる


植物についてなんですが、カナディアラの環境に近く、かつ花言葉ももっともらしいものを選ぶのが大変でした。単に見た目がきれいというだけで組み合わせてしまうと、花言葉を知っている人にとんでもない意味を指摘されてしまう可能性もあるため、どうせ組み合わせるなら部族やキャラクターに関係するものの方がいいだろうと考えました。
もっとも、花言葉なんて概念は西洋由来のものなので先住民族の彼らには関係のないことですが、一般向けに公開する作品なので市民権のあるネタを詰め込みました。

各部族の人種の特徴について書きましたけれども、最近では部族をまたいて夫婦になることも珍しくないので、ハーフ、及びハイブリッドみたいな子どもが生まれることがあります。その場合、属する部族はより外見が近い方、あるいは本人や親の希望で決められることがあります。


尚この作品を制作するにあたって、文様はIllustrator、人物や植物はIllustStudioで描き、合成はPhotoshopで行いました。

4 Comments

NAHKI  

カッコいいですね!!

部族イラスト、男心をもくすぐる仕上がりになっています!!
私もアンさんのように、妄想力があればいいなと思います。
人物のみならず、植物から文様・エンブレムまで細かく描写されていて大変素晴らしいと思います。
ご自身の路線が決まっているので、羨ましいです。
是非、貫き通してくださいな!!

2017/06/08 (Thu) 17:57 | EDIT | REPLY |   

雪柳アン  

To NAHKIさん

ありがとうございます!とても励みになります!!
気に入っていただけたようでしたら、何よりです(T_T)

今pixivにも載せているんですが、通常に比べイマイチ反応が薄く、ちょっと凹みかけていたところでした(;´∀`)なんかアピールの仕方に問題があるのかな…
他の作品群ともセットで公開できれば違うのかもしれませんが。

まあ目先の反応に一喜一憂せずに、我が道を貫いていきます!

2017/06/08 (Thu) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Tory  

こんばんは。

私はこの種の作品には詳しくないのですが全体的に良く出来ていますし
作品としてのクオリティーは高いのではないでしょうか?

クライアント主義の物はクライアントの予想を上回るものを作れば良いのですが
ユーザー第一主義となると・・・・
作品や商品が知られるため売れるためには何をするかを考えないとなりません。
ターゲットを決めてマーケで検討して導線をひいたり準備をしたりと
何か専門性の高いフェスタなどに参加して作品を展示したり売ったりすると
注目が集まるのではないでしょうか?

例えば・・・
うさぎや小動物をモチーフにウールアートをやってる人が作品を売りたいとしてもなかなか注目されませんしなかなか売れません。
ですが「うさぎのフェスタ」なんてのがあってその会場で出店すると注目度は全然違って急に売れるようになったり名前知られるようになる。
もちろんそれは元々のクオリティがあっての話です。

余計なお世話かもしれませんが反応を気にされていたのでちょっと買いてみました。

2017/06/10 (Sat) 19:13 | EDIT | REPLY |   

雪柳アン  

To Toryさん

お褒めいただき、そしてアドバイスありがとうございます!
Toryさんの仰ることは、実は私も薄々考えておりました。やはりPixivでは二次創作やらなんやら全部混じってしまっているし、ユーザーの傾向から見ても私の作品はニッチでマイナーだろうなとは思っていました…。
私の目指しているところで博物ふぇすてぃばるというのがあるのですが、これは自然科学や考古学などをモチーフとした作品の展示即売のイベントとなっています。例えば、私が好きなオオカミを表現したグッズが販売されていたり、専門家の方の研究発表などがあります。
私が描いているようなキャラクターに近い絵を描いているイラストレーターさんともこのイベントで知り合いましたし、此処でなら、私の作品を好きになってくれる人と出会いやすいのではないかと目論んでおります。
また他にも似たようなイベントがないかどうか、探してみたいと思います。

2017/06/10 (Sat) 22:34 | EDIT | REPLY |   

Add your comment