Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

14

マグカップイラスト完成&データ入稿完了!

パソコンが故障し、買い替えセットアップが無事に終わりながらも、やっぱりちょっと不慣れだったり変な不具合が出てきたりして思うように作業が進まず、月曜日にようやくイラストが完成しました。

mugcup_design.jpg

今更ながらこんな絵がついててコーヒーとか紅茶とか飲める?ってところですが、一応それが出来るつもりで描いてます。
(右利きでも左利きでも口を付けるところに人物の絵が来ないようにしてあるので、毎回彼らの頭頂部にキスしないと飲めないなんて事態にならないから大丈夫☆)
は!よく見たらヘラジカ以外みんな肉食系だったね!(食性が)

一昨日メーカーに注文してデータも送ったのは良いものの、いつもの慣れてるクレジットカード決済ができなくて支払いにいろいろ戸惑ったり、入金したものの業者側が入金確認するのが遅かったりして、結局昨日の夕方になってようやく製作に入ってもらえることになりました。
今までの場合は注文と同時にデータ入稿も支払いも済ませられたのに、今回は注文から入金までいちいちメールやり取りで、平日の休み時間じゃないと手続きできませんでした。なんて面倒・・・。

しかも製作が10日~2週間(営業日)くらいとかいうから、年内の完成及び到着は難しいのかな~(´・ω・`)

どうしてこんな手間も時間もかかる業者選んだのかって? 理由はシンプル。安かったから♪(/・ω・)/ ♪
小ロットですよ、私貧乏ですよ。メーカーは安いところを選ぶに決まってるじゃないですか。

販促グッズとか同人グッズとか発注したことある方ならわかるかと思いますが、同じメーカーでも、この商品は安いがこの商品は他のメーカーに比べて高いってことありますよね。だから私はグッズを作るたびに毎回格安メーカーを探します。今回ので5つ目のグッズになりますが、全部メーカー違います。


ところで、以前の記事でこのマグカップイラストの下書き段階のイラストを載せていました。
mug_shitagaki_1.jpg
mug_shitagaki2.jpg
それぞれに配置されている鳥が下書きと完成作品で違うのがわかりますか?因みにヘラジカの顔もずいぶん変わってます。
もともと覆面の人物のほうにいたワタリガラスが、完成版では毛皮の人物のほうに移動し、代わりにワシミミズク(フクロウ)が眼光鋭く居座っています。

どうして配置を換えたのか。理由のひとつには絵的に映えるからというのもあるんですが、絵の物語の設定上こうしたほうがしっくり来るからなんです。

最近また設定を変えたのですが、物語の舞台となる世界に暮らす先住民部族の対立構造が、また変わりました。今まで「ワシ族・カラス族(鳥系部族) VS オオカミ族・ヤマネコ族・シャチ族(獣系部族)」という関係でしたが、最新設定では「ワシ族・ヤマネコ族(南部部族) VS オオカミ族・カラス族・シャチ族(北部部族)」になりました。

それで、オオカミ族である毛皮の人物の隣に、イヌワシがいるのはおかしいことになったんです。イヌワシはワシ族の象徴になるから。だから、同盟部族の象徴であるワタリガラスを配置しました。また、部族関係を抜きにしても、昔からワタリガラスはオオカミ族の間で狩りの導き手とされています。
一方、覆面の人物は何なのかというと、あんまり詳しく言うとネタバレになってしまいますが、敵味方勢力関係無しに気まぐれに動き、木登りなどの上下運動に秀でるため、猫(ヤマネコ)っぽい人物だとされています。また、滅多に見られない、気配なく襲ってくる様から、闇夜の最強捕食者、ワシミミズクを配置しました。(また、ワシミミズクは南部部族の紋章にも描かれているので、南部部族出身の可能性も…)


これで、データ入稿までですが目標の年内5種類のグッズ作成は達成できました。今後しばらくは本編の執筆に専念しようと思います。まだ全然書いてない……。

0 Comments

Leave a comment