Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

08

オリジナル小説について

昨日まで会社が冬期休暇で、今日からが仕事始めだったんですけれども、今年の冬休みはずっと執筆活動をしていました。
そのため絵はろくに描いていません。年末と三が日がいろいろと忙しかったので、集中して創作活動ができたのは4日~7日まででした。

それで、昨晩になって急に冊子の表紙をデザインしたいとか思い立ち、就寝1時間前に大急ぎでデザインを作成しました。

Canadiara Image 2018

いつもブログの画像やポスター制作でお世話になっているPixabayというフリー素材サイトと、mercurycodeさんが配布している素材だけで作りました。

Photoshopの機能をあまり理解していないまま苦し紛れにこねくり回してこんな形となりました。とりあえず、なんか寒そう、人とオオカミが関係する話なんだな、ということだけは伝わるかと思います。

「え、お前絵描けるじゃん。なんで他所の写真で間に合わせるしww」って、このブログが初見でない方はきっと思いますよね。

そう。当初はきちんとオリジナルイラストで表紙を作ろうと思っていましたが、なんか此処は敢えて他所の写真のコラージュにしたほうが面白いんじゃないかと考えました。

というのもね、私の中ではこれは洋書をイメージしています。洋書って、私が知っている限りだとカッコいい写真で抽象的に、或いは内容の核と関係する写真を1枚ドン!と載せてるイメージなんですよ。

また、これは洋書でなくても思うことなんですが、小説の表紙って、敢えて抽象的な表現をしていることがある気がするんですよ。
そのときの、表紙だけでは内容が掴めなかったり、またはあらすじから想像される内容に対して絵が地味だったり。(例えば日本語版のハリーポッターの表紙とか、私としてはそう感じていました)
見た目から入る主義の私としては、具体的に表現してくれていないことに対して勝手にフラストレーション溜めまくっていた思い出がありました。(今は昔ほどそう思わないけど)

それが自分の絵で表現したら、間違いなくウザいぐらいに具体的になるし、抽象的な表現をしようとしても、私の今の画風では合わないんです。だったら、写真のコラージュで良くね? って思うんですよ。

それで肝心の本編ですが、ざっくりとしたストーリーは考えてあるものの、目の前の場面をどう盛り上げるかとなるといつも迷います。現在探検家兼宣教師の男が先住民に夜襲をかけられている場面まで来ています。
今後どうやって彼らと関係を築いていくのか、具体的なところは私も書いてみないとわかりません。
書きながら私も冒険している、そんなところでしょうか。


4 Comments

NAHKI  

素晴らしい!

今年初にして、熟読してしまったブログ記事になります。
夜中に急にデザインやイメージが湧いてきて、朝になって寝るってよくありますね(笑)
フォトショップでここまでコラージュ出来るので素晴らしいですよ。
自称デザイナーという輩(職業的に)で、ここまでのクオリティを作れない人は、ビックリするくらいいます。

小説ストーリーを書けるのも素晴らしいですし、私には難しいどす。
だけど様々な観点から創作していく楽しさは大いに解ります!
今年もアンさんワールドに染まりそうです。

2018/01/08 (Mon) 22:37 | EDIT | REPLY |   

雪柳アン  

To NAHKIさん

ありがとうございます! この間本屋でPhotoshopテクニックなる本を手に取ってパラパラと見てみたんですが「此処をこうするとか、そんな発想ないよ…」と思い、自分の基礎力のなさに愕然としていたところでした。実験的に合成してみないとわからなかったり、特殊なテクニックについてはググって真似してみてもすぐ忘れる…。今回もそんな感じでした。
小説については、最近ようやく小説の作法なるものを理解しつつある、という段階です(;'∀')今までは単に思いついたストーリーをとりあえず文章にしておく、という程度のものでした。
ある程度公開可能な段階まできたら、サイトの方にて掲載予定です。

2018/01/08 (Mon) 23:23 | EDIT | REPLY |   

Tory  

こんにちは。

方向性やイメージがダイレクトに感じる表紙ですね〜♪

敢えて他所の写真のコラージュってのが良いですね。
そうやって自分で考えてアイデア出してこそ創作ですもんね。

私はフォトショを20年以上使い続けていますが
よく使う基本機能だけでもかなり色々なことに対応出来ます。
特殊テクニックはたまにしか使わないので私もネットで探して使ったら忘れますw
ブックデザインも多数やってきましたが・・・
表紙についても著者や作者のイメージってのがあるので
それを突き詰めて行くと色々な考えやアイデアが出てきて面白いですよね。

ダイレクトに内容が掴めたり掴めなかったりはカテ以外にも
日本と海外とでも違うのでそこはTVCMなんかでも現れてますね。

アンさんはとても試行錯誤考えながら進めているので
成功したり上手くいかなかったりの繰り返しが今後のノウハウになって
きっと作品もどんどん洗練されていくと思いますよ〜
継続は力なり!楽しみながらがんばってください!

2018/01/16 (Tue) 16:42 | EDIT | REPLY |   

雪柳アン  

To Toryさん

ありがとうございます!
フォトショの基本機能を抑えておくことがやはり大事なんですね。プロの方でも特殊テクニックはネット検索されるんですか!
激励ありがとうございます!がんばります!

2018/01/18 (Thu) 09:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment