Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

02

【フリー素材第2弾】博物系?狩猟系?ネイティブ系?な素材作ってみた

フリー素材 JPG PNG 骨 頭骨 ドリームキャッチャー 羽根

2年前から配信を始めた動物シルエット素材が予想以上に好評だったので、調子に乗って今回は第2弾を配信します。ただ、今回の作品は絵が細かいので、イラレ・EPSといったベクター画像ではありません。ご利用の際は解像度にご注意ください。
イラストACにも「雪柳アン」の名で同じ素材を掲載していますが、このブログで配信しているデータの方がファイルサイズが大きいです。

◆今回表現するモチーフについて◆
最近雑貨のモチーフとして博物系や狩猟系、ネイティブ系のものを見かけることが増えた気がするのですが、絵が残念だったりイミテーション全開だったりして、なかなか納得のいく出来栄えのものが見つかりません。なので、自分なりにイラストで表現してみることにしました。尚、作品を制作するに当たっては実物や写真などを参考にしております。

フリー素材といっても、ロイヤリティ(使用料)フリーのことで、著作権は放棄していません。
下の注意事項は厳守でお願いします。

★☆★利用規約★☆★
1. ご利用の際には、必ずコメント欄でご一報ください。
  また目的や、利用先のリンクや作品も教えていただけると嬉しいです。
2. 素材は自由に改変していただいてかまいません。
3. 当たり前ですが、公序良俗に反する目的や業務でのご利用も厳禁です。
4. クレジット表記は特に必要ありません。
5. 改変の有無によらず素材の再配布、自作発言はしないでください!


尚、フリー素材と唱っているページ以外の作品や画像の無断転載及び使用は厳禁です!


①ドリームキャッチャー

dreamcatcher.png

» ダウンロードはこちら

いわゆるアメリカインディアン、ネイティブアメリカンなどと呼ばれる民族を代表する工芸品です。このお守りの役目についてはよく耳にすると思うので今回は割愛します。カナダのお土産屋ではどこでも売られていましたが、中国産のものも多いので、本物を買うなら先住民グッズ専門店で正式なタグの付いた物を買いましょう。
柳の枝、或いは木や金属で輪を作り、シカやウサギなどの動物の皮を巻きつけます。動物の腱、或いは人工ナイロンで蜘蛛の巣状に網を張り、網に天然石やビーズを通します。羽根はターキーやカモ、鶏、ホロホロ鳥などの家禽が一般的です。

ドリームキャッチャーの網は描くのが難しいのですが、何度か試行錯誤した結果簡単に描く方法を編み出しましたので、気になる方はこちらをご覧ください。→リンク


②アカシカ/鹿 頭骨

elk-skull.png
» ダウンロードはこちら

シカの仲間は毎年角が生え変わります。春に新しい角が生え始め、秋になると角を覆っていた皮が剥け、立派な鋭い枝角になります。角は縄張りやメスをめぐる戦いの武器となり、春先になると根元から角がポロッと落ちます。成熟したオスでも、先に角を失うとまだ角の残っている若いオスに負ける場合があります。大抵角が生えるのはオスだけですが、トナカイだけはメスも生えています。
一部でシカの角は皮膚が角質化したものだという説が信じられているようですが、シカの角は骨で出来ています。


③ヘラジカ/鹿 枝角/落ち角

moose-antlers-example.png

» ダウンロードはこちら ※ブログ配布バージョンのみ、左右別々にデータが分かれています。

ヘラジカは北欧や北米といった亜寒帯地域に生息する世界最大のシカの仲間で、ウマよりも大きい動物です。たまにトナカイと混同してる画像を見かけることがありますが、大きさが全く違います。水草や木の葉などあらゆる植物を食すので、その肉はとても栄養価が高く、美味だと言われます。
ヘラジカは英語ではElkとMooseの2つの呼び方があります。一般的にElkはヨーロッパ、Mooseは北米での呼び方です。因みに、北米ではElkはアカシカ(ワピチ)を指します。ただ、これらに関しては諸説あり、単なる呼び方だけの場合や地域ごとの亜種を指している場合もあり、私もよくわかりません。


今回のところはこの3点のみとなります。また新作が出来次第、追加でこちらにアップロードしていきます。


ところで、東京駅の向かいにKITTEという建物があるのをご存知でしょうか。此処に入場無料の博物館があるのですが、そこには動物の骨や剥製をたくさん展示していてすごく楽しいです。興味のある方はぜひ寄ってみてくださいね。

0 Comments

Leave a comment