Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

15

東林間がヤバかった件について【マニアックな品々の天国】

投稿が前後してしまいましたが、この間の3連休、神奈川の東林間に行ってきました。

Twitterで知ったのですが、此処にはマニアックな雑貨店が集中しているらしく、ちょうど家族と東京へ遊びに行く用事があったので、折角ならばと、東京へ向かう途中寄ってきました。

別の記事にも書きましたが、最近はおしゃれな雑貨屋さんというのはちっとも珍しくなく、駅ビルやショッピングモールなど、どこへ行っても同じ店、同じようなものが売られています。

しかし、東林間にはそこでしか買えない珍しい品物がたくさんあります。今回は、Twitterを通して予め目星をつけていた3件のお店をはしごしてきました。

※予めお店の方には撮影及びブログ掲載の許可を頂いております。

① うみねこ博物堂

Twitter:@umineko22
URL:http://hakubutsudo.shop-pro.jp/

東林間にある雑貨店で最初に知ったのがこの店でした。この店のことは「博物ふぇすてぃばる!」経由で知りました。
テンション上がりすぎて外観の写真撮るの忘れてしまったのですが、商品のラインナップはこんな感じ。


写真 2018-10-07 12 19 26


写真 2018-10-07 12 02 51


写真 2018-10-07 11 58 42

「博物堂」という店の名前の通り、貝殻や鉱物、動物の骨など博物雑貨が多いです。写真を撮り損ねてしまいましたが、昆虫の標本も数多くありました。
また、昔の小瓶やアンティーク小物なども売られています。

写真 2018-10-07 11 59 07

本物のエビやカブトガニから型を取り、作られているそうです。これの作者さんのほかの商品には、スプーンの柄の部分がイワシになっているものがあります。

写真 2018-10-07 11 57 45


写真 2018-10-07 11 57 59

こんなに通な品々、一体どうやって仕入れてるんだと思って尋ねたら、店主の奥さん曰く、店主はそれぞれの分野に強い業者から仕入れているとのことです。骨、羽根、昆虫標本、アンティーク、などなど、それぞれ専門の業者がいるそうです。

今回、私がうみねこ博物堂さんで買ったのが以下の3点。ハヤブサの風切羽と、蝶のアクリルキーホルダー、そしてアカギツネの頭骨。こちらについてはなんと20,000円もした。久しぶりの大人買いかもしれない。

umineko.jpg

去年も名古屋の東急ハンズでエゾシカの落ち角買ったし、なんか私のコレクションもいよいよ博物っぽくなってきました。
なんかねぇ、うん。動物の骨って無性に好きなんですよ。美しいし、カッコいいし、そして面白い。

写真はありませんが、母親も此処でアンティーク(手前?)の缶バッジやピンバッジを買い、ジージャンにつけてました。

② 海福雑貨

Twitter:@umifukuzakka
URL:https://umick.com/

写真 2018-10-07 12 34 49

古いアパートが店舗になっているようです。通常は1階のみ開いていますが、金・土・日は2階の分室も開いています。

写真 2018-10-07 12 35 00

もうね、入った瞬間からすげえ。いろんなアンティーク商品が所狭しとうじゃーって並んでいます。
別世界に迷い込んだよう。しばらくこのディープっぷりをお楽しみください。

写真 2018-10-07 12 35 29


写真 2018-10-07 12 35 37


写真 2018-10-07 12 36 00


写真 2018-10-07 12 41 51


様々な作家さんの作品も多数販売しているようです。

写真 2018-10-07 12 37 28


写真 2018-10-07 12 37 31

もうどこにどう焦点を当てれば良いのかわからなくて、ただただ漠然と写真を撮っています。(お店の人にもあまり特定の作家さんの作品に焦点は当てないでと言われたけど)

外の階段を登ると、2階の分室があります。こちらも店内はこんなふう。

写真 2018-10-07 13 15 31


写真 2018-10-07 13 15 44

博物っぽい品もありますが、どちらかというと魔女の部屋みたいな雰囲気。でもこういう感じ好きだわ~

写真 2018-10-07 13 15 52


写真 2018-10-07 13 17 25

家族に店を紹介した私より、母親の方がテンション高かったし、いっぱい買ってました。私は1階で18世紀の拳銃のレプリカを買っただけでしたが、母はネックレスからピンバッジ、置物、イラスト本など、1階と2階両方でいろいろ買いました。

写真だけ見るとかなり広そうな気がしますが、実際の店内はすごく狭いです。通路は一人やっと通れるぐらいの幅しかなく、無神経に向きを変えるとカバンや服の裾で商品を振り落としてしまいそうなぐらいです。私と同じくTwitter経由で知ったのか、お客さんは結構来ていました。しかし、互いに道を譲り合わないと通れません。それぐらいぎうぎうだったんです。

で、私が買ったという18世紀の拳銃のレプリカがこちら。
写真 2018-10-15 20 50 30

写真 2018-10-15 20 50 45

店員さんによると、スペイン製だとのことです。ちょっと錆びてて、触ると手に金属臭がついたり、木の部分に傷が付いていたりするのがいかにも古びた感じです。基本壁に飾っておく物のようですが、トリガーを引くこともできるなかなか精巧なもの。
現在部屋の壁に飾りつけています。

写真 2018-10-15 20 50 13


お店の雰囲気はTwitter見てて大体知ってたけど、まさかアンティークな拳銃があるなんてね。海福さんには、他にも中世の剣とか斧とか、中世ロマンスを漂わせる武器のレプリカがたくさんありました。
メルヘンとか歴史ロマンスとか、そういうのが好きな方にはとても楽しめるお店だと思います。

③ ハイカラ雑貨店 ナツメヒロ

Twitter:@natsumehiro
URL:http://natsumehiro.com/

そして最後に立ち寄ったのがこちら。
写真 2018-10-07 13 38 29

このお店では、今月28日まで「オオカミ展」を開催しています。
写真 2018-10-07 13 38 39

入ってすぐ、巨大なオオカミのオブジェが私たちを出迎えてくれました。

写真 2018-10-07 13 42 50


写真 2018-10-07 13 43 14

同じ作家さんによる作品でしょうか。少し小さいバージョンもありました。

写真 2018-10-07 13 43 26


写真 2018-10-07 13 43 20

他の作家さんの作品や商品については、Twitterで見慣れている人のもあったので、今回は敢えて写真は撮りませんでした。


ショッピングモールなどではけっして出会えない、マニアックな商品尽くしであることがお分かりいただけたでしょうか。あまり気の利いたコメントができずほぼ画像並べて終わってしまいましたが……。
今回紹介したのは代表的な3件のみで、東林間にはまだまだマニアックな店がたくさんあります。お休みはどこも皆揃っていて、火・水・祝となっています。
興味のある方は是非、東林間まで足を運んでみてください。あなたのお気に入りの一品がきっと見つかると思います!

0 Comments

Leave a comment