Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

03

これは今年イチ来てるんじゃないか……? ※更新・追記

※この記事の初投稿は2018年10月13日でしたが、一部情報の修正と、追記事項が盛りだくさんになったため、日付を改めて再投稿いたしました。

今回の話は、めちゃくちゃ個人的嗜好の話になります。
今まで紹介してきた私の好きなものに関する話は、性別を選ばないし、私の信念にかかわるところも大きかったため堂々と言ってこれました。しかし今回書く内容はだいぶ人を選ぶ気がするし、信念とかそういうガチな感覚はないので、あらかじめそう申し上げておきます。(嫌な予感がした方は此処で退場することをお勧めします)


私、本音を言えば色素が薄くて綺麗なロン毛の美青年に目がないんですよ。
ただ、この手の美青年ってファンタジーにおいてはごく普通に見られるので(エルフ、魔法使い、ヴァンパイアとか)、ゲームや映画などで見る分にはなんとも思わないんですよ。

あと、自分がそういうのが好きだからと、そっちばかり目を向けてるのも表現のバリエーション増えないし、ああいうタイプって生身の人間感がすげぇ薄いんでこだわりすぎるのもどうかと思ってたんです。
だから自分が本当はそういうの好きだったなんて、特に20代になった辺りから気づかないフリしてました。


でもね、先月Pinterestでとある写真見つけちゃって、「ヤバッ////これはいかん/////」って思ったんですよ。これは今年一キテるんじゃないかってぐらい。

2次元とかCGじゃないんだよ。リアルなんだぜ、リアル。あんな綺麗でカッコいい人が実在したのかよ……/////

1つだけピンしておくつもりが、ああいつの間にか3つも////……!



うわっ、マジで……! 此処に載せんの……/// バカ!! 軽率なマネすんじゃねーよ!!
(見せたい気持ちと、恥ずかしい気持ちが大喧嘩してる)

何この感覚。10代に戻ったみたい……(笑) 懐かしい!!

















おい、もうやめろよ//// ③とか完全にアウトなんだけど//// ちけえよおい/// ←大丈夫か

この人がなんて名前なのか、どういう人なのか、詳しいことはよくわかりません。ただPinterestでちらちら見た範囲では、恐らくロシア人のモデルさんかもしんない。なんかすごくシャイで、殆ど情報がありません、みたいなこと英語で書いてあったんだけど。
それが事実(?)ならすげえ萌えるじゃん。(何を持って事実って言うんだよ)
まあでも、こういう感じの人は神秘のベールに包まれてる方がいいと思います。だって、どこで何食べてるとか、どんな人と付き合ってるとか、そういう生々しい情報が付随したら幻滅しない?

普通に「美青年 海外」ってググっても出てきません。やっぱ日本ではまだニッチなPinterestならではのお得感……?


で、私がこの人にここまで熱を上げるのは以下の理由です▼

1:男性なのに髪がサラサラ過ぎる……!
こういう要素は普通女性だよね。特にサラサラストレートなんてのはアジア系が強いじゃないですか。白人なのに! 男性なのに! サラサラロン毛とかヤバくない?!

2:綺麗なのにちゃんと男ってわかる……!
はい、ここ重要(笑)ネットでよく見る美青年って、中性的になりすぎちゃって男か女かわかんなくなってることが多いですよね。それが魅力的って思う人もいるんだろうけど、私はどっちかわからないタイプって正直イマイチ好きじゃないんです。
美しくて男前、っていう人が本能的に好みなんで、この人については思わず「いいんですか?! そんなに私好みで!!」って言いそうなぐらいドンピシャだったんですよ!!

3:なんかデジャヴ……?
初めて見た気がしないんですよ、この人のこと。どこで見たのか? うーむ。
あ、そうだ。昔のオリキャラに似てるんだ。10年ぐらい前まではそれこそ美青年系ばかり描いてて、この人に比較的近い感じの男性キャラがいたんだよ。ストレートロングで、そっくりなの。黒い革ジャン着てるのも似てたわ。


【2018年11月3日追記】
Pinterestの情報をよく調べた結果、Valery Kovtun(ヴァレリー・コフトゥン)という名前のロシア人のモデルさんであることが判明しました。この名前でググると、なるほど目が大やけど寸前になります。

読み方がわからなかったんでファーストネームと苗字で分けてググり、読み方を確認してみたのですが、この読み方の組み合わせで検索してもヒットしません。そもそもアルファベットの方でも日本語で紹介した記事は2件しかなかったし(Twitterとブログ)。やっぱりまだ日本ではニッチなんだなあってことが改めてわかりました♥

FacebookやInstagramで、彼の名前のアカウントも存在するんですが、イマイチ本当にオフィシャルなものなのか疑っています。
Facebookについては他の人との絡みもあるのでそれらしい感じがするのですが、何せ「キャラクター・架空の人物」なんていうステータスになってること自体、もう「???」ですよ。あのネットに出回っている写真は此処が出所な気がしますが、なんとなくやっぱ信用に値する情報量が足りない感じ……。
彼に関連して他のモデルさんのアカウントとかも出てきますが、そちらにはちゃんと連絡先などの詳細な情報があって、ステータスも「モデル」ってなっているのでオフィシャルなものだとわかります。
>> Facebookのアカウント

写真を時系列順に見ていくと、最初の写真はクラブみたいな薄暗いところでどすっぴんで写っていて、その次にはなんかエルフみたいな格好で道路(?)に寝転がってるちょっと締まりきってない写真があります。そして、その次がPinterestのリンクにもあるように、ちゃんとしたスタジオでプロが撮ったらしい写真が出てきます。やがて「もうすっぴんはいいよね?」と言わんばかりにお化粧して女性っぽくなってる(ちょっとガガ様にも見える)写真が連発します。
こうしてみると、最初は個人で始めて、それからどこかでスカウトされてプロデビューしたんかな、って気がします。投稿には「AnPie(写真家)、素敵なハイクオリティな写真をありがとう♥」みたいなことが書いてあります。こうして見るとやっぱりご本人の投稿なのかなーって気がするんだけど……。(※タイムラインつぶさに見すぎ!)

普通にしてりゃ男性にしか見えないのに、お化粧すると女性っぽくなるなんて不思議だわあ。まあちょっと骨張ってるけどさ、お化粧してセーター着てる写真見るとちょっと可愛いとか思っちゃう自分がいる……。本音はすっぴんが好きなんですけど!!

他のよくわからないごちゃごちゃサイトでは自己紹介っぽいのもあって、やれ1994年生まれ(年下やん…)だの身長196cmだのタトゥ入ってますだのすげえ詳細なこと書いてあるんだけど、あれはウソくせえ。情報元どこだよ。自分でああいう書き方するか? そもそも「prepared and created by」でよくわからん記号みたいな文字ついてるあたり、それって創作ってことなんですよね。コテコテの妄想ってことですよね??(テンパりすぎ)


まあそんなわけで、どこまで本当なんだか全然わからないヴァレリーさんについては、大いに夢中にさせてくれるんで、そのうち私の創作のモチーフとしても生かせてもらおうと思います。(おい!)

ただ今のところ、これだ!って言えるネタがあまりないんで、手ごろなアウトプットとして模写だけしました。
(だいたい形だけとれてりゃいいやって感覚でしかないので、バランスちょっとずれてるかもしれない……)

valery-sketch.jpg



※アイキャッチ画像ではなんで普通の金髪女性の写真なんだって思うと思いますが、理由としては彼の写真を勝手に使えないからなのと、内容をカモフラージュするためというのがあります。