Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

06

何でもかんでも親のせいにすんなよ

lonely-blog181106.jpg

これまでブログに綴ってきたとおり、私にはひどいネガティブ思考と完璧主義なところがあります。
過去の記事
最近はようやく自分のその実態に気付きつつあり、根拠のないネガティブ思考や「ねばならぬ」思考には少しずつブレーキをかけるように努めています。

さて、ネットでこういった思考のバイアスについて調べると、頼りないキュレーションサイトを除いても多くのサイトでその原因は幼少期の家庭環境だと言っています。親が完璧主義であまり褒められたことがなかった、厳しく育てられすぎだ、それで自己肯定感が育まれなかったって、大抵そう書いてあります。

言わせて欲しいんですが、私は自分のこの癖は親が原因だとは思いません。勿論、ゼロとは言いません。昔の我が家はしょっちゅう喧嘩してて(特に母と祖母)、母親も一度キレると機嫌が直るのにすげえ時間がかかるというところがあり、相手の顔色が気になってしまう原因にはそれもあるんだろうなとは思うけど、それが私のこの癖の主な要因だとは思えません。
むしろ、家の外での人間関係が大きな原因だと思っています。

■ 家庭と外との大きなギャップ


私は一人っ子で家庭で愛されて育ってきたので、同世代とのかかわり方を全く知らないまま外の世界に出ました。また、子どもの頃の私には少しアスペルガーに近いところがあったので、自分を守ってくれる存在ではない相手とのかかわり方がまったくわかりませんでした。それで、周囲になじめず孤立したり、苛められたり、理由もわからずある日突然嫌われたりすることが起きました。

先生のような守ってくれる存在には安心するけど、同世代には緊張感しかなかった。友達だと思っていても意地悪されたり、理不尽に冷たくされたり、そんな学校生活を送っていました。でも、やるべきことを完璧にこなしたり、得意な分野を誇示できれば周りは一目置いてくれるし、私もそこでプライドが保てると知っていました。また、自分の周りではとにかく嫌な連中ばかりだから、とりあえず思わしくないことがあったら悪く捉えておこうと考えていました。

私にとって家庭というのは、そんな理不尽な外の環境とは対極にある存在でした。多少問題はあったけど、家にいれば守られる、居場所があるって思えたんです。
他人に合わせて生きろ、個性を抑えろ、自己主張すんな、この悪しき卑屈な日本の国民性は外の人間関係で植え付けられました。そうしないと、生きていけないということを突きつけられたんです。
HSPでもあった私はこれに過剰に適応してしまい、その結果、極端なネガティブ思考や完璧主義に陥ってしまいました。

我が家はこの傾向とは逆にあったんです。言いたいことがあったら直に言え、もっと合理的になれ、そういう環境でした。それが当たり前だったプラスほのかにアスペルガーだった私は、素の状態で外の人間関係デビューして、見事に格好の餌食にされました。

大人になってある程度人とのコミュニケーションにも慣れてきたことで、アスペルガー的なコミュニケーション障害というのは昔ほどには感じなくなってきています。
自分がはっきりと発達障害なのかはわかりません。ただ、幼少期には明らかに他人との関わり方がズレてたのは覚えています。しかし大人になった今は、そんな浮くほどズレてる感じはないんです。まあまあ差し支えのない範囲でのコミュニケーションならできます。もっとも、過剰に空気を読むことを暗黙の了解として要求してくるなら無理ですけど。

■ 本当の原因は親じゃなくて社会の価値観


でもさ、ネガティブ思考で完璧主義なのって、日本人なら割とあるあるじゃないですか? 一般論ですが、英語は完璧にマスターしないと話すのが怖いとか、電車は秒単位できっちり来て少しでも遅延があれば謝罪アナウンス流すとか、快適なサービス供給しすぎて過労死するとか、やたら自分をへりくだるとか、自信がないのとか、そうじゃないんですか?
「ネガティブ思考や完璧主義は親のせい」ってよく言われるけど、親の前に社会が要求してるんじゃないのか。それに適応しすぎた人が、親となって子どもにもそれを要求するようになる。そういう負のスパイラルに陥ってるんじゃないんですか? だから恨むなら、自分の親じゃなくて、親をそうさせた社会を恨むべきじゃないのか。過剰に空気を読むことを要求し、個性なんてもの度外視して、皆と同じに出来ない自分はダメだと思って責めこんでしまう。人は皆違うのに、同じはずだという幻想に囚われ、自分でないものになろうとして無理をする。だからこれだけ自殺者が多いし精神を患ってる人間がいるんじゃないのか。

だから自分も被害者であると同時に、親だって被害者のはずです。みんな被害者。
自分の負の側面を全部親のせいにするのは、自分を生み育ててくれた親に対する忘恩だと私は思うんですよ。

0 Comments

Leave a comment