Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

05

退職しました【追記あり】

実際にはまだ退職していません。6/20に正式に退職となり、現在有休を消化中です。(20日以上あった♪)

もう今の会社にはいられません。4年以上勤務してたけど、いつまで経ってもネットオークションへの出品や取引業務に追われ、ろくにスキルが身につかず、やりがいも楽しさも感じられないこの会社には絶望しかありません。そして今後も働きながら転職活動するなんて私には無理でした。
社長には私の本音や事情を全て話し、円満に退職手続きが済みました。

私にはもうWEBデザイナーに進む以外の道が考えられません。せっかくPhotoshopやIllustrator、Dreamweaver使えるし、HTMLやCSSといった言語も使えるのに、全く生かせない、クリエイティブと無関係な進路に進むなんて勿体ないじゃないですか。

自分はこれまで今のスキルでは誰も相手にしてくれないんじゃないかと思っていたけれど、職安の人に私は未経験者じゃないと言ってもらえたし、2月にこっそり転職活動やってときに面接してくれた会社も事実あったし、募集要項見ている分には全然ハードルが高くなさそうな会社がたくさんあります。

5年前には「第二新卒」という微妙な立ち位置だったのでなかなか求人がなかった(と思っていた)のですが、中途採用ともなると一気に可能性が広がりますね。

昨日地元のキャリアコンサルタントの人のところへ面談に行き、いくつか求人を紹介してもらいました。私が求人サイトで見たところより皆お給料いいし、尚且つコンサルタントの人が私の(良くも悪くも)性格や希望、スキルを考慮したうえで提示してくれたものなので期待が持てそうです。(勿論、それでも落ちることは覚悟しています)

面接の練習や、書類選考まで代行してくれるというのですから、おんぶにだっこです。もうこれからはこちらで大いにお世話になりそうです。


【翌月追記】

coffee-shop-1209863_1280.jpg


現状まだ就職は決まっていませんが、この記事を書いた6月に比べ、不思議と悲観してはいません。

実はその後、クリエイティブ系の仕事に特化した人材紹介の会社の人と知り合い、その人を通じて求職活動をしています。メイン記事で書いた方のキャリアコンサルタントさんの方は、単に仕事を紹介し、私が応募すると答えれば書類を送るだけでした。その為応募したときには既に締め切られてた、むしろ企業サイトから直に応募したほうが良かったかもね、なんて悲しい事態に陥っていました。
しかし今度の場合は、コンサルタントさんが私の経験や希望に応じてマッチングを行い、求人を出している会社に呼びかけ、向こうがある程度承諾した上で面接に進むというようになっています。だから面接に進んだ時点で既に脈があるということだし、応募したけど締め切られてたなんてことはあり得ません。
もちろん、そっちに丸投げしないで自分でも仕事を探すつもりではいますが、気になった会社についてそのコンサルタントさんに相談することだってできます。

それで7月初めにコンサルタントさんの紹介で一度面接に行ってきました。そしてやりとりをするうちに、今の私にはデザインよりもコーディングの方が向いているのではないかと思うようになりました。専門学校卒の人だと、デザインは好きだけどコーディングは嫌っていう人が多いみたいです。それに対して、私はむしろ逆だと思いましたね。デザインについては自分の経験やセンスに自信がないのもあるけど、Photoshopでの配置なんてどこだってできるじゃないですか。むしろそれをHTMLやCSSで起こす方が難しいしやりがいがあります。

そういった経緯で7月初めに面接があったということ自体が自信になりました。また別で私が応募した会社が感触が良く、私は決して正社員応募で内定の取れない人間じゃないんだと実感できました。ただその会社は、話を聞くと業務内容が前職とほぼそっくりで、むしろ前職よりもデザインから遠ざかってしまいそうなので、もし内定貰えても断るつもりでいます。

そして2月に落ちた会社については、今思えば全部落ちて良かったです。後々コンサルタントさんから聞いた話や、再度の応募での向こうの対応などを見てるうちに、入ったらろくなことねえなと思えたからです。

だから就活しつつも、自分で勉強したり好きなことしたりして、今しか味わえない無職ライフを満喫したいと思います♪