Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

15

「オリジナルでありたい」という強いこだわりと悩み…

「博物ふぇすてぃばる!」開催まで1週間を切りました。商品のラインナップは昨年と全く同じですが、まだまだ私のこと知らない人多いと思うし、今年はブースがCフロアで昨年のFフロアと比べてかなり手前になるので、見に来てくれるお客さんも去年より多くなるのではないかと期待しています!また学生時代の創作サークルの先輩も遊びに来てくれるそうです☆(女性だけどw)


……で、自分、販売する云々は抜きにしても新作作ってますか?というと、作ってません(´・ω・) いや正確には作れてません、か……(;´・ω・)

アイディアが浮かばないんですよアイディアが。1、2年前にヴァーってグッズ作った以来もう尽きちゃってる感じ……。
そりゃ似た系統描けって言ったら描けるでしょうけど、面白みがないんですよね。あと今大自然系とかネイティブ系とか人気だし、雑貨屋にありそうな絵とか描けば?って提案も飛んできそうです。でも私以外の人でも描けそうなもの描いたってあまり張り合いじゃありません

自部屋にあるオブジェ見るたびに「こういう系描きたいなあ……」と思いつつも、具体的にイラストのアイディアにつながりません。
だって既に描いてるしww

IMG_0047.jpg


IMG_0009.jpg


IMG_0046.jpg

(実は密かに一眼レフデビューしました♥)


他人と比較して自分がどの程度個性的かどうかということはともかく、兎に角私は他人の真似が嫌いです。よくよくその対象に惚れ込み、模倣したいと思わない限り、表現するものはなるべく自分のアイディアに基づいたものでありたいと思っています。

しかし、私の作品を知っている方ならわかると思いますが、私は絵で表現する前にその対象物についてめちゃくちゃ設定を盛り込みます。前回と前々回のように、たかが架空の動物一匹描くにしてもその背景や事情を考えずにはいられません。

その結果初見にはなかなか伝わらない作品となり、評価や閲覧数が伸びず、一方的に「底辺w」とレッテルを貼られてしまうわけです(というのはちょっと付け足しだけど)

羽根やビーズ、植物で飾り立てた野生動物の絵を描けばそりゃカッコいいし、初見にも伝わるんでグングン閲覧数は伸び、評価も増えます。だから私の画力やセンスに問題があるわけではないというのはわかってます。





でも私としては、この手のものは他の人も描いてる気がするし、事実私がそういうグッズ集めてますw むしろこういうのを量産すると、人気になることを意識してるみたいで自分が嫌になります。
またそういう絵ばかり注目され「ワイルドライフ系作家」と認識されるのも違う!って思っちゃいますし。


はたまた一方で、自分のゴリッゴリの創作ネタを盛り込むと、いくら綺麗に描いても閲覧者側にはよくわからないんですね。
下は今年の2月頃投稿した絵ですが、評価が伸びないのでグッズ化しようか悩んでいます。



こう書くと、「あなたのことを知ろうともしない赤の他人の評価なんか気にすんな!あんた自身でいろ!堂々とグッズ化すればいいじゃないか!」という声が聞こえてきそうですが、グッズにする以上お金もかかるんで、それなりに元を取りたいと思います。だから評価の少ないものはグッズ化に踏み込むのを躊躇ってしまいます。

他人の評価を真に受けるわけではありませんが、伝わりやすさの指標にはなります。

だから私の理想としては「美しくて伝わりやすい+オリジナルネタ満載」なんです。でもそんな都合のいい作品ばかり思いつくとは限りません。概ねの所は2年くらい前に出尽くしちゃったし、どーするよ?といったところが現状です。Pinterestを見たり雑貨屋巡りしたり博物館行ったりしてインスピレーションを求めていますが、完全に詰んでいます、今 ( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

また出展用の創作ネタが予想以上に難しい展開に突入してしまい、ちょっと今萎えてるんです。それよりも謎めいたUMAの正体を追う、みたいな話の方が気軽にワクワクするしテンション上がるんでそっちばっか作ってます。

あーもう参っちゃう!!



―――――――――――――――――――
そうだ。ここでひとつお知らせがあります(※別に閲覧者さんが得する話ではない)
来月また海外行ってきます。行先は二度目のバンクーバー♥

昨年シアトル旅行の際に1日だけバンクーバー行ってきましたが、今回は直にバンクーバーで4日くらいいます。
(トーテムポール以外の)スタンレーパークやブリティッシュコロンビア大学、その他自然体験などを予定しています。
先ほど上げた写真のように一眼レフもデビューしたんで、スマホよりもずっといい写真が上げられると思います。
楽しみにしてくれると嬉しいです。

0 Comments

Leave a comment