Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

二次創作の予感

 すみません! 7年間分が一気に今宵出てきたようですwwww
 さっき「オペラ座の怪人」について語りまくって、今度はこれの私の二次創作の歴史と今後について語りたいと思いますΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

 でも字だらけで嫌ですよねぇ、読みたくないですよねぇ、「なにだらだら書いてやがんだ、つうか、一晩で三つも記事書く奴がいるか!」って思いますよねぇ。そうですよねぇ。気分屋にも程がありますよねぇ。ゆるして寝。この記事には絵が入るから、うん。

 実は、この「オペラ座の怪人」に傷つき、愛してしまった私は、なんとかしてファントムを救いたいという思いを抱きすぎてしまって、2006年から二次創作を作ってしまっていたのです(Wow!)

でも今思えばちょっとあり得ないやり方してますよ。(下の文字クリックしてください)
 2006年~2008年の扱い

 図の説明にもあるように、昔は多感&免疫ゼロだったのであの映画の存在がキツかったんですよ。好きとイヤと辛いとステキがごちゃ混ぜになってたから、ほっとけなくて翌年耐えられずネコミミ付けて髪型変えて詳細変更して(好みまみれにした)「これが真実です!」って大真面目に認めてたんです。
 でも先輩からの心無いバッシングとなんとなく腑に落ちない感覚(今思えばあの映像で傷ついて愛したはずなのに対象が変わっているからなんだな)で放棄しました。2009年での二次創作ではもっとファントムを映画での姿に近づけたのですが、生まれ変わりが猫という、やっぱり猫絡みになってました。やっぱり可哀想&かっこいいをひしひしと感じていたので、ここらで「可愛い」とか「萌え」という要素を入れないと気が済まなかったのでしょうか…。

 2010年と2011年は「折角地元離れて大学生になって気持ち切り替えるんだし」という感覚とか、心躍るような出会いがありすぎて、しばらくファントムどこじゃありませんでした。

 でもほとぼりも治まって、「さぁ次は」と思った途端にファントムに帰ってくるほど忘れられないんですね。やっぱり乙女心に刺さりっぱだったことは認めざるを得ないようです。

 しかしこの大学生活で自分自身がびっくりするぐらい変革したので、(創作作品の傾向が変わったくらい)高校時代までとは違う新たな感覚で「オペラ座の怪人」に向き合えるようになりました。

 事実、実家で面白ブスかわいい猫「ふくちゃん」がいることもあって、無駄に猫に憧れっぽい気持ちがなくなっていたのもあったのか、今度の二次創作は猫絡みではありませんwwwww
 …ってそうじゃなくて、ちょっとここでちゃんとファントム自身に向き合ってみようと思っただけです。2005年の映画での姿を基本ステータス(状態)に、もっとマジメ(?)に優しくファントムが救われるっぽい話をね、作りたいと思ってるのです。

 まだあらすじしか決めていません。そのためどういう物語かもまだちょっとお伝えできません(;^ω^)英検も迫ってるし、学業が第一なのでいつアップできるかわかりません。


 ……ただ、ボチボチ描いてみた絵はあります。ひとつは丁寧にデジタルで描いたもの、もうふたつは手書きでさらっと描いてデッサン狂いまくった状態のものです。

 正直ちょっとエロいです。すいません! ただ私としては、こういうアプローチで彼を全面的に愛してみている次第です。(「エロい」と言っても、えげつなかったりひわいではないのでご安心くださいwwwそういうネタは私自身が題材として嫌いますからwwww)見たい人は下の文字をクリック☆(^Д^)

 ファントムイラストその1:あまりにハズいので子供顔にしてしまった…
     〃    その2:素顔
     〃    その3:勝手な想像(妄想とはいわないでw

【解説】
その1:首から下げた指輪について:クリスティーヌから奪い取ったor受け取った指輪が本編で出てきますよね。それを意識してみました。あの指輪は彼にとって彼女の形見みたいなものじゃないかって。
その3:やけに汗かいてますよね。多分面倒な雑用に追われてたんでしょう…。なんせ全部一人でですからねぇ。例の私が嫌った著作によれば、彼は幼少期蒸し暑くて仮面を取っていて母親に叱られたなんて描写があります。最悪です。今思えばまともな人格であれば母親は無条件に子供を愛せるというのに……。だからそのネタをありにするかしないかはともかく、暑っ苦しければ人のいないとこで仮面取ってるんじゃないかと思うんですね。

 また時間が取れ次第、テキトーに描いた手書きのイラストを丁寧にデジタル化させます。そして、簡単にでも二次創作のお話をお伝えできたらなと思います。


ではまた!



0 Comments

Add your comment