Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

忘れられません・・・

昨日蒸し暑かったのに今日は一気に寒くなってしまい、また風邪ぶり返すじゃねぇかバカやロー!!と虚空に向かって叫びたいFUKUです。皆さん体調はいかがでしょうか。

「もうこれからはPhotoshopで作品作るんだ!」と決めて以来デジタルお絵かきを全くしていないのでデッサン狂いがハンパないアナログ絵が滞納している今日この頃です。

やるべきことたくさんあるのに思いついたことは絵なり文なりしておかないと死んでしまう自分ですが、今日は最近ハマってきた創作物語についてご紹介したいと思います。




以前5月ごろに、とあるパズル系ゲームのストーリーが気に障って自分で作り変えてやったぜみたいなことほざいたんですが、あれ以来もうすうす気になっていて、しかも続編まで作られていたようなのでプレイしたのですが、もはやこちらでは手に負えないしこれ以上二次創作し続けても非生産的だなと思ったのでやめました
(元ネタがどんな話で私がどう作り変えたのかとかは知らなくても全然問題ありませんし、むしろ知らないほうがいいです、はい)

その代わり似た感じの別のストーリーを企画してみました。

ここで先にズラズラ書く前にまずは主な登場人物の画像をアップしておきます。(クリックで拡大)

キャラクターリスト
(アナログなので汚いです、すみません)

ちっっっさい字で登場人物の説明が入っているので、下できちんと書いておきます。長文ですが許してください。

クレア・レーン
クレア・レーン (10歳)
有能な魔術師の家系の末裔。一見弱々しそうですが芯は強い女の子です。
彼女の家系は昔から「魔法の世界」という特別な空間を保持しており、彼女もまたその継承者なのですが、あるとき「魔法の世界」の住人である邪悪な冬の妖精カースに彼女の両親はさらわれてしまいます。
両親の行方がわからず、他に身寄りもいないクレアは児童養護施設に入れられてしまいますが、自分の家に新しく人が引っ越してきたら一緒に両親を探そうと考えています。

ジェーン・スミス
ジェーン・スミス (25歳)
都会の喧騒を離れて田舎で暮らす事を夢見て越してきた女性です。引っ越してくるなり前の住人であるクレアと出会い、この敷地に存在している「魔法の世界」の事を聞かされクレアの両親を救う戦いに巻き込まれていきます。
一見普通の女性ですし本人もそう思い込んでいたのですが、後に実はかなり魔力があったことが判明します。

サリー・ブラウン
サリー・ブラウン (38歳)
クレアの学校の先生です。ストーリー中ではもっぱら「ブラウン先生」と呼ばれます。
優れた魔術師でもあり、クレアの両親とも長く親交があります。
クレアの両親をさらったカースを倒すための方法を研究中です。

カース(呪い)
カース (年齢なんてないよね)
今作のいわばトラブルメーカーってやつですね。「魔法の世界」の四大妖精のうちの一人で冬の妖精です。無慈悲な冷血漢として古くから知られ、「魔法の世界」の生き物たちを凍てつく寒さで死に至らしめると言われています。これまでクレアの両親やブラウン先生などの魔術師たちが彼を倒そうと立ち向かいましたがとてもかなわない相手でした。
名前もわかりやすく英語で「呪い」なんてついています。


キャラクター構成といいネタといい、このままでは元になったゲームの話と全く同じですよ。その後の展開が元ネタと違うから敢えてキャラの名前とか見た目とか変えてるんです。

詳しくしゃべっちゃうとネタバレになるのでこれ以上のことはあまり言えませんが、この物語のちょっとしたミソはその「魔法の世界」っていうものが魔術師によって創られたものだということです。その魔術師の末裔がクレアなんですよ。









0 Comments

Add your comment