Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

Photoshopを使ってみた

大学祭は無事に終わりそろそろ卒論も本場に差し掛かってきた(と思っている)FUKUです。
そして進路も確定しない中卒業袴の予約をしてきましたw ちゃんと卒業しろよ?

先日の記事でこれから自分はPhotoshopで作品作るんだと言いました。しかしあのソフトで一から絵を描くというのは容易なことではないことが判明しました。それは以下の理由です。
・曲線を描くのは参考書を見てもうまくいかない
・Illuststudio(Illustratorではありません)やSAIにあるみたいなクリッピング機能がないようなのではみ出さずに色をつけることもできそうにない(特定の範囲を選択した状態でならば出来るんですが面倒です
・そもそも滑らかに線を描くことが出来ません!

※あとで調べたんですが、Photoshopにもクリッピング機能があるようです。しかしIlluststudioやSAIにあるのとはちょっと違う気がします。→参考サイト

あのソフトはどうやら画像を加工するのが主な仕事のように感じられたので、素材作りは相変わらずIlluststudioを使うしかないなと思っています。
(ただ心配なのが、もし何処かのデザイン事務所に入ってもこのソフトをインストールできるのかどうかわからないんですよね……)

通信教育を受けながらいろいろ操作方法を覚えてきたので、今回はその一例をご紹介したいと思います。

※今回の記事では、グラフィックソフトの用語を使いまくっていますので、全く使ったことがない方には説明がわかりにくいかもしれませんのでご了承ください。

①余白無しで画像を保存できる!
これがまず最初に感動した点です。Illuststudioではどう頑張っても白い余白がついてしまうところをPhotoshopではなくすことが出来るんです。
というのも、完全に1枚絵の場合は別ですが、多少なりとも複数レイヤーがある画像ファイルの場合、(IlluststudioからPhotoshopに形式を変換したものとか)、必ず一番下のレイヤーに「用紙」とか「背景」というものがでるんです。これを非表示にすれば余白は消えます。
キャプション1-1
また、画像から不要な部分を選択して削除した場合でも余白は消えます。後は「ファイル」から「webで保存」を選択し、PNG形式で保存すれば余白は消えます。ただし、JPEGだったり「別名で保存」を選択しても余白は残ってしまいます。
ハクトウワシ
この画像は、もともと下の絵の一部でした。ハクトウワシを周囲の余白なしで保存できました。
元の画像↓
「北米の狼男」blog


②色調やレベル補正などがすごい!
この辺の話は通信教育無しではわからない場所です。要するに何をするかというと、明るさやコントラスト、色合いを調整したりして画像を見やすく美しく加工する技術です。
Illuststudioにもこういった機能はあるのですが、Photoshopのほうがよりバリエーションが豊富で細かい調整が可能です。また効果を追加したり削除したりするのも出来るので、万が一しくったときでもやり直しが可能です。
此処にあげている画像はそういった調整機能を(あまり理屈も理解しないまま)ごちゃごちゃいじくって加工したものです。ですのでどこをどれぐらい調整したらこうなったとかうまく説明できないので、大雑把な工程だけ紹介しておきます。
<調整前>
ふくさん(調整前)
蛍光灯の反射で青っぽく見えます。

レベル補正と、色相・彩度、そしてカラーバランスを調整してキャプション2-2

<調整後>
ふくさん(調整後)
ちょっとコントラストが強まりましたが本来の色に近くなりました。


③影をつけたり光彩をつけられる!
Illuststudioでも頑張ればこういうことは出来るのですが、直接影をつけたり(ドロップシャドウ)光彩をつけるような機能はないため、それらしいものを自力で作っていくしかありませんでした。また影の位置を変えたり光彩の強さを調整したりすることも容易ではありません。

メンフクロウ
Photoshopでは光彩のサイズを変えられるだけでなく、ノイズをつけたり色を変えることも可能です。

Luke.png
Photoshopのドロップシャドウ機能を使えば、影のサイズや対象からの距離、影が出る角度も簡単に調整できます。

④変形や調整が可能!
手書きで描いた絵がウソみたいに加工できるんです。変形したり調整したりし、②の機能を使って色合いを調整したりすれば、とてもきれいになるんです。Illuststudioにもこの機能はあるんですが、Photoshopのほうがより細かく調整できる気がします。
<調整前 手書きのものを写メっただけです>
IMG_4051.jpg

<調整後 ついでに影もつけてみました>
Flowers.png


⑤マスク機能がすごい
マスクという概念はPhotoshopで覚えました。もちろん、Illuststudioでも同じ機能はあるんですが、就職に有利なのはPhotoshopなので、ここではPhotoshopを使ってできた画像を紹介したいと思います。

今私が具体的にご紹介できるのは、グラデーションを使ってだんだん半透明にしていくものだけです。
in-the-nature2-2.png

これを応用して、反射を表現することもできます。(画像がかなりデカいのでクリックで拡大)
なんとかフラグ2

(余談)猫が〇サシンクリードのキャラの格好をしてる点については軽くスルーしてください

下の図のように、上下反転している画像にマスクレイヤー(ピンクの丸で囲ったもの)を設け、そこに黒色でグラデーションを施します。黒い部分はもとのレイヤーの画像を消すので、黒が濃くなるほど絵が薄くなっていきます。
キャプション5-1


⑤要らん部分を消去できる?!
Photoshopのすごさでよく取り上げられる機能ですよね。目の前の人や電柱などが邪魔なとき、最初からなかったように取り除くことが出来る機能です。そのための方法はいくつかあるみたいです。
キャプション6-1
これらが主な画像修復機能(画像の傷や汚れ、不要な対象を消す機能のこと)です。つまり具体的に何をして消すかというと、周囲と同じ部分になることでさも消えてしまったかのようにするんですね。「擬態」のようなものでしょうかwこれらの機能を全部丁寧に説明するのは大変&まだきちんと理解してないので、まあこれらを使えばいい感じに消せますよって思ってくださいwww

<元画像 茶畑の前に錆びた手すりや細いポールが見えます>
IMG_2347.jpg

これらを上記の修復機能を使って消してみました。
<加工後>
IMG_2347-2.jpg
まだ初心者なので左側とか若干怪しいです……

もう一丁やってみました。
<加工前>
IMG_0920.jpg
<加工後>
IMG_0920-2.jpg
ゴミ箱と遠くの街灯と人の後姿が消せました。しかし左下の白い靄みたいなのがどう頑張っても消せませんでしたorz


⑥逆光までつけられるの?!
メニューの「フィルター」にある「描画」の「逆光」という機能でつけられるようです。ただし、対象とするレイヤー全体に色がついている必要があります。
<Illuststudioで自力で頑張って表現しようとしたもの。2年前の作品です>
デスクトップ壁紙オリジナルイラスト

<Photoshopの逆光描画機能で表現したもの>
photoshopで逆光描画!!

(余談)先ほど出ていた白い翼の生えた人にどこか似ているという点は軽くスルーしてください





以上を見ていきますと、ある程度の機能はIlluststudioにもあるということがわかります。しかし、グラフィックソフト関連を全くいじったことがない(せめてペイントしか使ったことないとか)状態でいきなりPhotoshopを使用するのはかなり大変だと思います(今でも大変だけど)。通信教育ではグラフィックソフトを全く使ったことがない人向けに解説しているのでIlluststudioと同じ機能の説明を聞くことにもなるのですが、初めて知るよりかはあらかじめ知っていたほうが他の機能も覚えやすいですよね。


つたない説明文で「???」ってなった方も多いと思います、すみません!今度はもうちょっとうまく紹介できたらなと思います。









0 Comments

Add your comment