Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

いろいろ進んでいます!

再び大学の研究室ゼミで論文紹介をしなければならない羽目になってしまったFUKUです。欧米人が書いた論文は読みづらいからヤダ!と思っていたら、自分の研究分野によく似ていたおかげでいちいち直訳せんでもなんとか読めつつあります。わーい。

大学の授業や卒研、そしてデザイン方面の勉強に追われる毎日で、とても選考を受けられる余裕がないと言うのが現状です(泣)期末試験が終わるまで受けられないんじゃないかっていうのが本音ですorz

このブログを更新していない間、私は(創作方面では)
・Myホームページ制作
・渉外の依頼を受けてイラスト制作
・Photoshopの技術向上・作品制作
・冬コミティアに向けての執筆      をしておりました。


<Myホームページ制作>
前の記事でwebデザインの授業を履修していると述べたのですが、あれ以来いろいろスキルを身に付け、まだ教科書の例題とか終えてないのに勝手にホームページを制作しはじめました。なお、私のホームページはこのブログ同様fc2さんを使用しています。
まだ未完成なので、此処にURLとかサイト名をお伝えすることができません。来年1月中旬に完成予定です。



<渉外の依頼を受けてイラスト制作>
私が所属するサークルでは学内外に渉外で依頼を受ける制度(?)があります。今回は学内のアパレルサークルさんからデザイン画のイラストの依頼がありまして、私が申し出てその一つを担当することになりました。
LINEでサークルの方たちと綿密な打ち合わせを重ね、大いに喜んでいただけました。
生まれて初めて(?)誰かからの依頼に応じた作品を制作したわけなのですが、「かっこいい」とか「イメージぴったりすぎる!」とか「感動しすぎてスマホの待ち受けにしちゃいました」とかの大反響で自分自身でもとっても驚いています。
明日(7日)市内でこのアパレルサークルさんのファッションショーが催されることになってまして、イラストを描いた私たち創作サークル部員も招待されました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
なぁんてここまで言ってしまうとどんな絵かみなさん見たくなるとおもいます。私もできることならお見せしたいのですが、アパレルサークルさんのほうにおそらく著作権があると思われますし、イラストはショーが終わるまで公開しないほうがいいと思われます。なので今回は公開できません!!(>_<)
またのちのちLINEなどで確認を取り次第、公開可能なようならば載せたいと思います!ごめんなさい!



<Photoshopの技術向上・作品制作>※(注)グラフィックソフトの用語を使いまくってます。
通信教育を受けてきて、だいぶ使いこなせるようになってきました。
さっき述べたアパレルサークルさんの渉外のイラストも、最終加工でPhotoshopを使いました!
前の記事で「全然手書きには向いてない」とかぼやいてました。しかしあのころの私はまだ手書きに関するツールの機能をよくわかってなかったのです。
PhotoshopではIlluststudio(このソフト何?と思った方はコチラ)と違い、「ペンツール」という名のツールではよくわからない曲線描画機能になっています。なので、手書きのペンで何か描きたいと思うなら「ブラシツール」を選択すればいいのです。ただ、オプションが多すぎるのでカスタマイズがしやすいだけに迷うことも多く、また使い慣れていないため質感に違和感を覚えたり作業がスムーズにいかなくてイライラすることも多いのですが、就職のことを考えて頑張って使っています。

……しかし、やはりIlluststudioじゃないとうまくいかない内容があります。
それは「左右反転表示」です。
Photoshopでは、キャンパス(カンパス)を完全に左右反転した「ファイルに変換」することはできても、一時的な表示として左右反転をする機能はありません。このため、デッサンやバランスの狂いを確認するために頻繁に左右反転をする私にとっては不便極まりありません!また、拡大縮小をするにしても、Photoshopだと拡大縮小専用のツールに切り替えないとできません。Illuststudioならツールを変えることなく付近の拡大縮小ボタンでスムーズに切り替えられるというのに……。
そんなわけで、やはり下書きまではIlluststudioを使うしかないことが判明いたしました。渉外の後、久々に今自分が書いているファンタジー小説の主人公を描こうと思ったのですが、下書きまではIlluststudioでこんな感じで描きました。(クリックで拡大できます)
「使命」下書き

今回は線画は用いず陰影だけで輪郭線を描く形でやっていこうと思っているので、下書きは(特に顔とか)通常よりも細かく描きました。
Photoshopでの描画はこんな感じ
作業画面1

あと、前の記事のときに「クリッピング機能が上手くいかない」と言っていましたが、あれはレイヤーの表示の仕方が違うだけで原理はIlluststudioと同じです。ただ、Illuststudioと違ってクリッピングされているレイヤーにさらにクリッピングするというダブルな作業はさすがに出来ませんでした。(Illuststudioなら、いくらでも重複してクリッピングできます)
無題
(たとえばこの表示では、「オオカミ兄弟」というレイヤーに「レイヤー5」と「レイヤー6」がクリッピングされていますが、この「レイヤー5」「レイヤー6」に、さらにクリッピングマスクをかけるということはPhotoshopでは不可能なんです)

なので、描く対象全体に一旦白とかで統一して色をつけてクリッピングをかけた場合、髪や肌、服のレイヤーなどにさらにクリッピングをかけるということが不可能になります。
こうなったらどうするか?「自動選択ツール」の出番です。

作業画面2
例えば上のような絵があるとしましょう。この絵は線画や基本配色、テクスチャはIlluststudioでつけています。この絵はまず一番下に白でこの人物全体を色付けし、クリッピングしてあります。なので髪の部分や服の部分などにはPhotoshopではさらにクリッピングすることができません。つまり、髪や服の陰影を描いたらその範囲外にはみ出すんですよ。どうすればはみ出しをなくせるか。
実は、このとき髪や服の基本配色をしたレイヤーの外を「自動選択ツール」で選択します。そして陰影を描いたレイヤーに移り、キーボードの「Delete」キーを押します。すると、はみだした部分が消えてくれます。(なので、陰影を描いたレイヤーが多くなればなるほど、はみ出し部分の削除の手間が増えることになります)

こんな作業をするのは面倒なので、今後Photoshopで描画から色塗りまでやる場合は、対象全体にクリッピングをかけることは避け、全てパーツごとにそれぞれクリッピングするという形でやったほうがいいかもしれません。



<冬コミティアに向けての執筆>
このブログで部分的に紹介し続けている作品の続編です。「カテゴリー」の「New「命の石」全集」をクリックしていただければたいだいの内容はわかります。本編の公開は、創作サークルが著作権を1年間保有しているため、少なくとも来年の4月にならないと公開できません。
公開先は、今度開設する私のホームページです。乞うご期待くださいwwwww

今回の冬コミは、ぶっちゃけると1章のみになっています。なんだかいろいろスルーできない重要な内容なので、とことん引き伸ばしてみました。また、最近「精霊の守り人」というアニメ(原作は小説だけど)を見始めているので、ちょっとその辺の要素も混ぜてみました。









0 Comments

Add your comment