Yukiyanagiな日々

趣味で創作活動しています。野生動物、北方狩猟民大好き。創作活動の報告や、日々思うことを綴ります。

やってみた ~その1~

昨日の進路の記事の翌日でアレなんですけど、最近「過去のブームに戻る」っていうのがちょっとした今のマイブームになっています。なにせ東京から実家に戻ってきて自分の部屋の中も一掃したわけですから、過去の産物がごろごろ出てくるんですよ。

それで、どこで発見したのか覚えてないんですがこんなものが見つかりました。
dcpackage.jpg

「デンジャラス クリーチャーズ」。Windows95対応なんていう私に言わせてみれば「骨董品」です。
まず目に付くのが中央で吠えてるヒグマですよね。いかにも「デンジャラス」……。

これ使ってた、っていうかお父さんに起動してもらってお父さんの横でいじってた頃の私は、発売の時期を考えると恐らく小学校入学前……。確かにあの当時はコンピュータなんてものは「小宇宙」に見えてた記憶がありますね。
Windows95……。もう約20年前なんだが起動するのか?と思って自分のパソコンに入れてみましたが、フォルダは開いたもののセットアップは出来ませんでした。無理もないですよ、OSはWindows7ですから。
なので私のパソコンに内蔵されてるXPの方を立ち上げて入れてみました。そしたらなんとすんなりセットアップ完了!!
懐かしのあの画面が出て来ました↓↓↓↓

dccap1.jpg
※画像がデカくてすみません。サムネイル表示だと面白くなかったので…

しかしこれでMAXのサイズ(ソフトが)のようです。Windows95って、どんだけ解像度低いん……


とそれはともかく、子ども時代を思い出しながらいろいろいじってみました。
一番目につく「武器」なんてところをクリックすると…これっすよ。
↓↓↓



>dccap4.jpg

なんか「でんでんっ」って感じのBGMに唸り声だの水中でなんか突進してくる音だのガラガラヘビの音だの聞こえてきます。迫力ある~っていうか怖く演出しすぎだろって思いました。


子どもの頃の自分って今よりももっと海が好きで、海に対するロマンを抱いてたんですよね。だからこの部分が特に大好きだったことをよく覚えています。
dccap2.jpg



特に好きだったのは「サンゴ礁」だったなぁ。この画面はお父さんにプリントアウトしてもらった記憶があります。
dccap3.jpg



ですがやっぱり操作してるのは今の私なので、今の私のセンスで行くとこっちに来ちゃうんですよ。
dccap5.jpg

私が愛読しているファンタジー小説「クロニクル 千古の闇」シリーズに出てくる動物が(虫除いて)勢ぞろいです。やっぱあの小説は北極圏が舞台なんだなぁと改めて感じました。



で当然この動物に行きつくわけですよ。
dccap6.jpg

下の方に書いてあるのが見えますか?「正常なオオカミが人間を殺したなどという記録はどこにもない」ですよっ。もう20年前にも既にそのことがちゃんと認識されてたってことなんです!
ただ、内蔵されてるビデオクリップではオオカミが威嚇してる様子がメインで写ってたので、やっぱオオカミは怖いってイメージ拭い去れないんじゃないの?って思いましたけど……。


他の野生生物も見ましたが、現生の野生動物に対する生態学的見解っていうのは今とはそんなには変わらなかったですね。「デンジャラス クリーチャーズ」と言う割には「人を襲うことはない」とか「ほとんどの場合は人間が手を出すから」と書いてあり、私たちの野生生物に対する誤解や余計な恐怖心は取り除こうとする方向にあるように見えました。



時にはこんな内容までありました。
dccap8.jpg

これは映画やテレビなどで、太古の生物や現在の恐ろしげな生き物を誇大妄想で仕立て上げる事を批判する内容です。ビデオクリップに映っていたのは戦前ぐらいの映画に見えましたが、これって現在21世紀でも普通に作られていますよね。
5年前にイギリスで制作されたあるSFドラマがNHKで放映されていたんですけど、全く1世紀前と同じことしてるんです。いろんな屁理屈つけて過去とか未来の生物が現在の地球に紛れ込んでくることになっていて、それらが人類を存亡の危機に追いやるという筋です。ビデオクリップのナレーションでも言われてたように「人間を殺したくてうずうずしてる怪物」そのものでした

映画って、やっぱりショービジネスなだけに過去の生き物や野生動物(特に肉食動物)をすっごく凶暴に描きたがる傾向にあるなとは思います。例のイギリスのSFドラマを見た以来、映画やドラマなどでの野生動物の扱いにはすごく敏感になってしまって、あの「AVATAR」にでさえも、肉食動物の描き方だけには不満を覚えました。





そんなわけで、思ったよりも内容は古臭くないなと思いました。画像がちょっと粗いのと、時々操作に不具合が出るのはさすがに年代物だからかなと思いましたが。







0 Comments

Add your comment