Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

Yukiyanagiな日々

宣伝と称して「萌え絵」を公共の場に出すなんて正気じゃない【加筆・訂正版】

アツギというタイツメーカーがTwitterでタイツを履いた女性のイラストを載せて炎上したらしい。他の人のツイートを見て知り、自分でググってみた。 以前炎上した献血ポスターのときと全く同じだった。若い女性や女子高生を過剰に性的に表現したイラストがずらりと並んでいる。幼稚園児のような顔で股間を開いたり、お尻を見せたり、まあ下品なことこの上ない。もう立派なアダルトコンテンツと言うべきである。 そのイラスト...

動物愛護系、アンチ肉食派に嫌悪感しか抱けない理由

昨晩の「国際報道2020」で、フランスでアグリバッシングが盛んになっているというニュースを見ました。畜産農家や農薬を使う農家を悪とみなし、脅迫や放火といった事件があとを立たず、フランスだけで1600件を超えているそうです。 フランスでは近年若い人を中心に肉食へのネガティブなイメージが進んでおり、ヴィーガン食の普及が急速に進んでいるのだとか。 その少し前にも、私はTwitter上で「動物愛護系」ヴィーガンの人...

先の放火事件のツイートについて

※今回書く内容は、現在賛否が分かれており、断定できません。人によっては不快感を抱くかもしれません。ご了承ください。 以前から度々「SNSにおけるいいね数だのリツイート数だのフォロワー数だの、数字だけで物事を判断するのは脳死も同然じゃないか」と書いてきました。「数字が多いもの=イケてる」と安直に判断しすぎる世の風潮に怒りを覚えて書いてきたわけですが、動画やイラスト、ファッションといった作品だけでなく、...

私が日本の漫画やアニメが大の苦手である3つの理由

私の絵に興味を持ってくれる人の中には、漫画やアニメが好きだという人が少なくありません。また私の知り合いで同じく絵を描くという人は、まあ大体アニメが好きそうです。なので世間一般では、「絵を描く人=漫画やアニメ大好き」という認識がされているようです。そのためでしょうか、会話の折に私が漫画やアニメについて全く知らないと言うと、驚かれることがあります。あのね、日本人で絵を描くのが好きだからって、必ずしも漫...

子どもの頃からずっと腑に落ちないことがある

現代というのは、「死」が身近でなくなった時代と言っても過言ではありません。核家族で暮らし、おじいちゃんやおばあちゃんなどの親戚の死をあまり経験しなかったり、医療の発達で健康、長寿が当たり前になったり、川や田んぼで生き物を捕まえてうっかり殺してしまったという経験が乏しくなったり……。そのせいなんでしょうか。現代はゲームもマンガもアニメも映画も、グロい表現が非常に好まれる傾向にあると思うんです。血しぶき...

実は意識しているライバル(目標の人)

私は此処1年くらいイラストをいかにスピーディーでカッコよくてステキで尚且つ伝わる内容にしようか葛藤しています。(趣味のことばかり書いていますが、仕事は仕事でやるべきことはやってますよ)それを強く意識するきっかけが出来たのは2014年の8月に開催された「第1回博物ふぇすてぃばる!」に参加したときです。そこで出会ったある美大生のイラストレーターの女性の絵が、ハイセンスですごく好みが近くて、ハンマーで頭をぶん...