Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

Yukiyanagiな日々

動物愛護系、アンチ肉食派に嫌悪感しか抱けない理由

昨晩の「国際報道2020」で、フランスでアグリバッシングが盛んになっているというニュースを見ました。畜産農家や農薬を使う農家を悪とみなし、脅迫や放火といった事件があとを立たず、フランスだけで1600件を超えているそうです。 フランスでは近年若い人を中心に肉食へのネガティブなイメージが進んでおり、ヴィーガン食の普及が急速に進んでいるのだとか。 その少し前にも、私はTwitter上で「動物愛護系」ヴィーガンの人...

何度だって言う、「自己満足」で何が悪い

よく、絵を描いてる人から出てくるのが「所詮自己満足」「独りよがりじゃダメ」「もっと精進しなきゃ」って言葉。 まるで自分の好きで表現していることが悪いことみたいに言う人が多い。 私も学生時代創作サークルのメンバーから散々言われた。あと父親にも。自分が一生懸命表現したのに、自分の思いを託しているのに「自己満足じゃダメだよ」って言葉で全否定。なんだかものすごく罪なことをしているような気分にさえなった。...

Twitterでよくある「ウザい」と思うことをまとめてみた❤️

これまでもこのブログ、或いはTwitterで書いてきたことだと思うんですが、いよいよなんかイライラが溜まってきたんでまとめて発散しようかなと思う次第です。某ゲイバーの人のツイートがきっかけで書きたくなっちゃいました(笑) もしフォロワーさんとかで該当してる人がいたらごめんなさいね。 特定のワードに必ず反応する人たち ぼっちは寂しいんですか?? ブログラミング関連のツイートをしたときにほぼ必ず現れます...

数字崇拝主義の末路【先の放火事件のツイートについて】

※今回書く内容は、現在賛否が分かれており、断定できません。人によっては不快感を抱くかもしれません。ご了承ください。 以前から度々「SNSにおけるいいね数だのリツイート数だのフォロワー数だの、数字だけで物事を判断するのは脳死も同然じゃないか」と書いてきました。「数字が多いもの=イケてる」と安直に判断しすぎる世の風潮に怒りを覚えて書いてきたわけですが、動画やイラスト、ファッションといった作品だけでなく、...

SNSの「いいね」にどれだけ価値があるのか

去年10月、SNSの評価を気にしていたら自分を見失うからやめようという趣旨の記事を書きました。その後もぼちぼち作品をアップしたり、アップした直後ぐらいはやっぱりどうしても評価が気になっちゃう、なんてこともあったりしました。しかし、自分への周囲の反応や、SNSに関するドキュメンタリーを見たりしたら、ますますSNSの「いいね」の価値って何なんだろうって思うようになりました。■「いいね」やフォロワーは買える先週、NH...

Twitterを頻繁に使う人間が信用できなくなった

散々このブログに書いてきた承認欲求の話じゃありません。もう全体的にTwitterの世界に嫌気が差してきたという話です。リツイートで流れてきた内容で不愉快になったり、ウザいネトゲの広告が飛び込んできたり、些細なことでツイートばかりしている人の素性が心配になってきたり……。ただ、Twitterは情報発信のツールとしては侮れないものなので、今後は殆ど創作活動の告知用での使用のみになりそうです。以下に、私が過去7年間Twitt...