Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

05

Twitterでよくある「ウザい」と思うことをまとめてみた❤️

これまでもこのブログ、或いはTwitterで書いてきたことだと思うんですが、いよいよなんかイライラが溜まってきたんでまとめて発散しようかなと思う次第です。某ゲイバーの人のツイートがきっかけで書きたくなっちゃいました(笑)
もしフォロワーさんとかで該当してる人がいたらごめんなさいね。

特定のワードに必ず反応する人たち

ぼっちは寂しいんですか??

ブログラミング関連のツイートをしたときにほぼ必ず現れます。私はWEBコーディングをしているのでそれ関連のツイートとか、あとは学習サイトの名前をツイートに出すと、全く知らないアカウントからほいほい「いいね」されます。特にその学習サイトの名前述べると、植物にまとわりつくアブラムシみたいにわぁーって群がってくんの。私はもともと「いいね」数がそんなに多いわけではないので、特に力んだツイートをしたわけでもないのにやたらつくとすごく違和感を覚えます。

で、その「いいね」してくるアカウントを見にいくと、同業者だったり勉強中の人のアカウントだったりします。同業者の場合は宣伝でしょうか。それも大いに営業感あってムカつくんだけど、もっと苛立たしいのが勉強中アカウント。なんかつながりたくってしょうがない感じ。独りで勉強するのがそんなに心細いんでしょうか?
私からしてみるとTwitter見てる間に勉強集中したら??って言いたい。
まあもしかしたらね、Twitterを情報共有の場と考えてるのかもしれないけど、全然ためにもならんツイートなのに特定のワードに無条件で「いいね」しに行ってる辺り、あんまり勉強に集中してる感じがしない。むしろ「私を知って応援してください(≧人≦)」って言ってきてるみたいで気持ち悪い。

本当に共感したわけじゃなくて、ただ単に宣伝や営業目的で「いいね」するの、私大っ嫌い!! だってフェアじゃないもの。
だからその類のアカウントについては私は片っ端からブロックします。そんな人たちとはつながりたくもないですね。

露骨な「つながりたい」アカウント

あとこれはもう最近やめたんですが、「#イラスト」とツイートすると自称「絵描きさんとつながりたい」アカウントにほぼ必ず反応されます。
以前ちょっと腐ってた時にこのブログでも書いたように、文だけのツイートならまだしも、渾身の力作画像をTwitterに上げて「いいね」が来ないのはとても恥ずかしいことだと思っていたことがありました。どう考えても雑な落書きならまだしも、フルカラーで凝った作品が「いいね」ないのはよくよく無視されてるか嫌われてるかのどっちかじゃないかと思ってました。だから一時期、まあ宣伝も兼ねてたけど「いいね」がほしくてハッシュタグつけまくってたことがありました。でもそれに反応するアカウントの大半が、この「絵描きさんとつながりたい」アカウントだったんです。

「つながりたい」って何なんですか? 早い話が見返りを求めてるってことでしょ??
「あなたに『いいね』したんで、私の分もよろしく〜♪」ってことですよね。だって、そのアカウントには常にたくさんの「いいね」がついてるし、ハッシュタグで露骨に「つながりたい」って書いてあるもの。どう考えても見返りを求めてますよ。

そんなアカウントから「いいね」されても嬉しくないし、むしろイライラすることの方が多かったので、このハッシュタグを使うのはやめました。SNSが全てじゃない。他にも投稿できる場所はある。また、なぜか「いいね」は押さないんだけど、イベントで会ったとき「好きです」って言いにきてくれる人がいたりするから、無駄な「いいね」稼ぎはやめようと思いました。

「そんなにムカつくなら、なんであんたはツイートしてんの?」って思うかもしれません。確かにそれもあるでしょう。
でも私はもともと自己主張が激しいというか、強く思ったことは何かしらで発信したいって気持ちがあるんです。友達も私のツイート見てるし、友人に私の近況や思いを見て欲しいって思うことがあります。もちろん、SNSだけでなくリアルでもその態度は同じです。(SNSでつながってる友人の多くが学生時代のときできた人たちで、皆遠方に暮らしています)
また、創作活動の告知をしたい時もあるので、鍵アカウントにもできないのです。(アカウントを分ける気にもならないし)
だから遭遇するのは仕方ないことだとは思うけど、イラッとするときもあるよとこれもまた言いたいのです(笑)

秒でリツイートする人たち

ねえ、ちゃんと頭使ってる??

「秒で」って書いたけど別にその瞬間見てたわけじゃありません。要するにリツイート多すぎる人たちのことです。「ウザい」というより「ムカつく」と言った方が適切かも。

以前もこのブログに書きました通り、Twitter上には嘘か真かわからない情報がわんさか溢れています。タイムラインを見ていると誰が何をリツイートしたのか見れるようになっていますが、真偽不明なツイートをリツイートしまくってる人達は一度にものすごい勢いでリツイートしてます。
「え? こんな怪しいツイートにこの人共感したの?」って私がそのリツイートした人のアカウントを見にいくと、既に私が見ていたツイートはだいぶ後ろに行っていて、他の膨大な(数十とか)リツイートが先頭に来ています。私が見た時期が既に時間経ってるかもしれないけど、そんな何日も前のものではありません。せめて数時間のタイムラグです。

心地よすぎる逆転劇、悲惨すぎる現実、哀れな動物についてなど、いろんな情報がありますが、ちょっと立ち止まって考えてみればそれが事実かどうか疑わしくなることがとても多いです。今年7月末にネットを騒がせた「放火事件の遺族です」ツイートなんて、もう怪しさ全開。

【過去記事】
>> Twitterを頻繁に使う人間が信用できなくなった
>> 数字崇拝主義の末路【先の放火事件のツイートについて】

もう頭使うのはダサいってことでしょうか? 2010年代後半から世界中で「ポスト真実」という現象が蔓延してるそうなので、もう真実であるかどうかより、皆にとって心地よいかどうかが大事ってことなんですかね??