Welcome to my blog

Although the world is full of suffering,
it is full of the overcoming of it.
- Helen Keller

26

シンクロの個人的分析及びオリキャラの設定追加

3月の記事でコレクター・ユイのシンクロに惚れたという話を書き、さらにそこから彼をモチーフにしたオリキャラが爆誕したよという話をお伝えしました。
(コーディングが云々とかいう話より前の記事です)

その後もいろいろ考えたり描いたりしてたのに、なぜかブログにまとめてませんでした。
気が付けばそんなことを考えて2か月経ってしまいました。コロナ禍でどこへも遊びに行けない間に随分変なことを考えていたものです。
プロフィールに書いてある「北米先住民、アイヌなどの北方狩猟民族」ネタがここ2か月ぐらい皆無です。

ちなみに今年の博物ふぇすは延期になりました。まあそんな気はしてましたよ、バッチリ3密になるしね。ただ来年に繰り越しになるだけなので、出展おじゃんになってまた審査や抽選からやり直し、ということにはならないので良かったです。

TOP - 博物ふぇすてぃばる!

博物ふぇすてぃばる!とは自然科学、生物学、古生物、鉱物、化学、数学、物理学、人文科学、考古学、歴史、天文学、工学などなど 博物学や様々な学術ジャンル、蒐集ジャンルを題材にした創作・展示・研究の販売・発表イベントです。

邪道な扱い方でごめんなさい

今更なにを言っとるのか。でもね、ちょっとここで一言改めて書いておきます。
シンクロについてネットでググるとね、ユイちゃんとのカップリングイラストがすごくたくさんあるんですね。シンクロは是非ともユイちゃんと結ばれてほしいって。わかるよ、わかる。彼はユイちゃんのためなら何でもするし、なのにユイちゃんの恋の矛先は全然違う人で、そういう組み合わせを描いてあげたくなるのはわかるさ。でもごめんなさい、私ユイちゃんに興味はないの(笑)
個人的にああいうタイプは好みでないというか、いかにも魔法少女系にいそうな典型的なタイプは鼻につくんで興味がわきません。というか私は、「コレクター・ユイ」にハマったのではなく、シンクロという一キャラクターだけにハマったんだ(汗)

ただ90年代の思い出に浸りたくてさー、軽い気持ちで昔描けなかったシンクロ描いてみようと思ったらドハマりしちゃって抜けなくなってるーwww 自分のネタに取り込みたくってたまらなくなってオリキャラまで作ったったーwww

少し前までは「あり得ないビジュアル」だった

初めてシンクロを見て惚れ込んだのは小学生の時ですが、それ以来20年くらい封印状態(完全に忘れてた)でした。しかも、割と短期間だったんじゃないかと思うんですね。
実はその頃、同じくEテレで放送されていた「カードキャプターさくら」の方がシーズン3に突入し、そこで時々登場するユエという美青年(雪兎の真の姿)の方に目移りしてしまったからです!
多分ねえ、ユエさんの美しさの方がわかりやすかったんじゃないかと思うんですよ。中性的で色白いし、髪長くてきれいだし、線細いしって。自分のデフォルトでも、本来はこういうタイプの方が好きだったんだと思うんです。今でもそういう感じのビジュアルは嫌いじゃないです。ロシアの男性モデルでそういう人いて惚れたから(笑)

一方シンクロはユエとは正反対です。男性的(セクシーという意味)で、地黒、太眉。特に目については彫が深く、瞳が無駄にちっちゃいし、自分のデフォルトの好みとしてはかなり「あり得ない」感覚です。なんで好きになっちゃったんだろうとさえ思ったかも。しかも、同じくコレクターのコントロルについては平均的な瞳の大きさだし、前髪が長くていかにも美青年系なんで、シンクロのビジュアルの特異さは際立ってました。(ただ、コントロルについてはキャラが三の線なので別に惚れなかった)

でも今思えば、私が惚れたのはシンクロのその色気なんでしょうねww 美青年も好きだけど、セクシーな男性らしい感じも好きなんですよ。シンクロのことは忘れてても、2005年にブッスリ心臓逝っちゃったじゃないですか(わかる人にはこの年何があったかわかるよね?)セクシーなキャラに惚れるときは美青年に惚れるときとは違い、ハートに直に迫ってくるものがあります。

だから恐らくねえ、小学生のときの自分にはシンクロを愛して絵にするには早すぎたんだと思うんですよ。ちなみに同時期に好きになったユエについては、男性そのものは描けなくても(ユエ自体男性かどうかわからんが)女性化してそれに近しいオリキャラは作ってました。そう、もうこの頃から好きになった対象については、それモチーフにオリキャラにしてたんです。まさか20年経っても同じことしてるなんてな。

新しい表現を模索していた時ピッタリだった

私は最近ここ2年くらい様々な有色人種の表現にも挑戦していて、それまでの「色白が美しさの正義!」みたいな価値観から自分を解放してみようとしています。そんな中シンクロみたいな地黒キャラと出会ってしまったから、こりゃ是非とも表現に生かしたいなと思ったわけです。ただ残念ながら、メイン創作のネタではこれぐらいの地黒は物語の世界の地理では登場できないため、別で創作したネタのキャラクターとして登場させる予定です。あとはビジュアル的に無理でも、雰囲気とか描いてた時掴んだ感覚とかはメイン創作のほうでも生かせるかなと思っています。

そんなわけで遂に夢の(?)ツーショット描いてみたよ

バカですね。完全に「左の半分坊主の奴誰だよ」ってなりますね。表現の自由謳歌してpixivにも上げちゃってるけども☆

コレユイのシンクロと、そこから爆誕したオリキャラ、シルヴァン
私の好きなイラストレーターさんの色使い真似してみた。正直その方にこの人たち描いてほしい感覚だったからww

Wikiではシンクロの武器のことビームソードって書いてあるけど、これ完全にライトセー……ゴホゴホ。
左のオリキャラ(シルヴァンといいます)は魔法使いという設定ですが戦闘系の能力はないので武器は拳銃。ちなみに警察官です。

シンクロが緑と白を基調とするのに対し、シルヴァンは紺と黒を基調としています。もう足元から違うファッションで、世界観の違いが顕著に出てますな。

シルヴァン(オリキャラ)の追加設定というかイラスト

シルヴァンについての詳細は 過去記事に書いてあるから割愛するけれども、地黒(といってもシンクロよりは薄かった)、太眉、三白眼といったビジュアルと、正義のために戦う立場にいるという点だけパクりました。

三白眼ってどうしても凶相になりやすいし、シルヴァンについてはこれまでこのブログに上げた絵を見る限りは皆怖そうなんで、怖くないよって感じの絵を描いてみました。

シルヴァン全身図、デフォルメ図、スマイルとか
猫の姿がちょっとスッピーっぽい……

あと、いつも手袋したり後ろ手に組んでたりしてるけどなんか手隠してる?とかいつもその格好なの?と思うかもしれないので、夏ファッションの彼も描いてみました。

シルヴァン 夏コーデ一例

ちなみにこのコーデ↑、地元の駅で実際に見かけた人のファッションを参考にしています。

0 Comments

Leave a comment